スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱税のABCホーム.元会長に執行猶予判決 東京地裁

 「架空の不動産仲介手数料を計上するなどの手口で法人税約1億3900万円を脱税したとして、法人税法違反(脱税)の罪に問われた「ABCホーム.」と元会長の塩田大介被告(41)らの判決公判が28日、東京地裁で開かれた。片岡理知裁判官は塩田被告に懲役2年、執行猶予4年、罰金1800万円(求刑懲役2年、罰金3100万円)、同社に求刑通り罰金1千万円を言い渡した。
 片岡裁判官は「巧妙な手段を尽くした大がかりな犯行。計画的で手口は悪質」と指摘。塩田被告を「脱税の指示、証拠隠滅行為を主導した上、海外逃亡といわれても仕方のない行動を取った」と非難した。一方で、事実関係を全面的に認めていることなどから執行猶予とした。
 判決によると、塩田被告は、新築マンションの在庫物件を買い取る際、取引会社数社が仲介しているように装い、架空の仲介手数料を支払ったようにみせるなどの手口で平成16年6月期までの2年間で約4億8千万円の所得を隠し、法人税約1億3900万円を免れた。
 塩田被告は昨年2月に海外に逃亡。12月に帰国、逮捕された。」











コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。