スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水産加工団体に改善命令=不透明融資で債務超過-農水省

「農水省は18日、傘下企業に不透明な融資を行い、債務超過に陥ったとして、「全国水産加工業協同組合連合会」(東京都中央区)に業務改善命令を出した。連合会は債務超過額を25億~30億円としている。
 水産庁によると、連合会は傘下の辛子めんたいこ製造会社「博多まるきた」(福岡市、民事再生手続き中)に対し、原材料となるタラコを販売。代金を回収する前に買い戻す手口で、実質的に資金支援を行っていた。
 連合会が定めた同社への売掛債権の限度額は約2億円だったが、子会社などを通じて上限を超えて販売。昨年12月に博多まるきたが民事再生法の適用を申請した時点で、債権残高は約43億円に膨らんでいた。
 この団体の前副会長が博多まるきたの会長を務めており、不透明融資に関与していたとみられる。連合会は「外部専門家の意見を聞き、告発の是非を判断したい」としている。」

これはひどい!!!売掛債権の限度額2億円のところ、子会社を通じて43億円!!ひどすぎる!!!背任以外のなにものでもない!
連合会はきっとなあなあで運営していたんだと思う!だから副会長をやってた人が好き勝手に自分の会社に金をまわしてもほったらかしてこんなことに・・。
きっとこんな業界団体はいっぱいあると思う!もっと法的に責任を追及していけばきっとそのうちみんな理事は真剣にチェックするはずです!




無料税金相談は神戸の税理士 柴森忠司税理士事務所へ!!








コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。