スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集英社が5億円所得隠し=取材費、社員だけで飲食-東京国税局

「出版大手「集英社」(東京都千代田区)が東京国税局の税務調査を受け、2008年5月期までの5年間に計約5億円の所得隠しを指摘されていたことが21日、分かった。追徴税額は重加算税と過少申告加算税を含め約2億円で、すでに修正申告に応じ、納付を済ませたという。
 同社や関係者によると、社員と作家らが居酒屋などの飲食店で行ったとされる打ち合わせに、作家が同席していなかったものが含まれていたことが税務調査などで判明。取材編集業務に絡む「取材費」に当たらないとして交際費と認定され、重加算税の対象となった。
 作家らの取材旅行に支出した費用の中には、作家の家族が同伴するなどした私的なものもあり、交際費と認定された。悪質な仮装・隠ぺい行為がないとして、重加算税でなく過少申告加算税の対象になったという。
 集英社広報室の話 6月に国税局から指摘を受け修正申告をした。今後も適切な税務処理に努めたい。」

これってすごくありがちな内容だと思います。会社の予算の決裁者が全然税務知識がないためにある程度社員に自分らで使わしてあげてモチベーションをあげてあげようなんて背任に近いことをしてるんですよね。
集英社でも当然予算の決裁者は知ってたと思うんですが、会社に何億円もの損害を与えて果たしてその責任を問われているのでしょうか?
これは問われるべきで、また会社としてはそういうことができないよう内部管理体制をきちっとすべきで、そうすることによってこのような損害のリスクヘッジをしていかないとダメだと思います。




税金の相談は神戸の税理士 柴森忠司税理士事務所へ!!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。