スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丸・松坂屋が申告漏れ 32億円、損金の処理巡り 国税局指摘

 「J・フロントリテイリング(東京都)傘下の百貨店大手、大丸(大阪市)と松坂屋(名古屋市)が大阪、名古屋両国税局の税務調査を受け、損金の処理時期を巡り、計約32億2200万円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。
 Jフロントによると、申告漏れは大丸が2008年2月までの2年間で約31億4500万円、松坂屋が08年2月までの4年間で約7700万円。追徴税額はそれぞれ約15億5100万円、約3700万円で、すでに納付した。
 大丸が指摘されたのは、客が商品を購入した際に金額の1~5%のポイントが発生する制度に絡む損金について。大丸は客がポイントを得た時点で損金処理をしていたが、国税局は客がポイントを使用した時点で処理すべきだと指摘した。」

これってものすごいベタなミスな気がするんですが、真剣にミスったんでしょうか。。。32億円も・・・。
特に消費税では、ポイントを使って買い物をしたときにそのポイント差し引き後の金額を売り上げと認識すべしとはっきり示されていますのでこんなことがあり得るはずがないのですが。。。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。