スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<所得隠し>日本製鋼所が6億円 出資会社の債務超過を偽装

「鉄鋼製品大手の「日本製鋼所」(東京都品川区、東証1部)が東京国税局の税務調査を受け、08年3月期までの2年間に約6億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。出資した会社が債務超過に陥ったと偽り、損失を計上していたという。重加算税を含めた追徴税額は約4億5200万円。同社は「指摘を真摯(しんし)に受け止めて、すでに修正申告した」(経営企画室)と話している。
 関係者によると、同社は00年11月、ほかの建設会社と共同し、北海道室蘭市にごみ処理施設運営会社「西胆振(にしいぶり)環境」を設立。ごみ処理施設は03年に操業を開始したが、債務超過に陥ったと虚偽の申告をし、06、07年度に同環境への出資金約3億数千万円を損失に計上したという。
 施設は、西いぶり廃棄物処理広域連合(室蘭市など6市町村で構成)から受注して建設された。「PFI推進法」による日本初の施設として注目されていた。」

東証一部上場の大手企業がこんな悪質な所得隠しをするなんて信じられませんね。。。この会社の法令順守(コンプライアンス)ってどうなってるんでしょうか・・・。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。