スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル、音声電話サービス「Google Voice」の一般提供を開始

 「米国Googleは6月25日、同社サイトで3月以降に音声電話サービス「Google Voice」に登録したユーザーを対象に、同サービスの提供を開始した。これまでは、開発元である旧GrandCentralのユーザーのみに提供されていた。
 「Google Voiceを旧GrandCentralのユーザー以外にも提供することができ、うれしく思っている」と、Googleは25日に公式ブログで表明した。
 Google Voiceは、Googleが2007年3月に買収したGrandCentralのサービスをベースにした無料の音声電話ソフト。ユーザーはGoogleから招待状を受け取ると、Google Voiceの電話番号を選択することができる。この番号に電話がかかってくると、所有するすべての電話に着信するようになる。
 Googleは3月のプレビュー版発表時に、Google Voiceを「近いうちに新規ユーザーにも提供する」とコメントした。その後、同社が米国Level 3を通じて100万件の電話番号を確保したことが明らかになったため、Google Voiceの一般向け提供がまもなく始まるとみられていた(関連記事)。
 Google Voiceを利用してきた旧GrandCentralユーザーは、このサービスのメリットを高く評価している。
 「まだ数カ月しかGoogle Voiceを使っていないが、このサービスのおかげで音声メールの使い方やコミュニケーションのやり方が根本的に変わった」と語るのは、米国の公共放送サービスPBSのデジタル/教育コミュニケーション担当ディレクター、ケビン・ダンドー(Kevin Dando)氏。同氏は、一般提供が始まればサービス加入申請が殺到するかもしれないと述べた。
 Google Voiceは、通常の音声サービスのほか、ユーザーのデバイス間の通話転送、多人数会議、音声通話内容のテキストへの変換、割安国際通話、通話録音などのユニークな機能を提供する。また、Webメール・サービス「Gmail」の連絡先リストと組み合わせて利用することもできる。」

まだちょっとどのようなサービスなのかはっきりみえませんが、無料のネット電話のようなので期待です!MSNチャットのようにテレビ電話みたいなのができればずいぶん便利になると思います。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。