スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公取委、セブンイレブンに排除措置命令 値引きの指針整備要求

 「コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンが、消費期限が近づいた弁当などをフランチャイズチェーン(FC)加盟店が値引きして売る「見切り販売」を不当に制限したとして、公正取引委員会は22日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で同社に排除措置命令を出した。命令は見切り販売を可能にするガイドラインなどを整備するよう求めている。
 同社は「見切り販売は価格競争や売り上げ低下を招く」などと主張したが、公取委は価格の決定権が「FC加盟店側の経営判断にある」と認定したうえで、30~40店で「値下げ販売を制限された」との証言を得て独禁法違反を確認した。コンビニ業界で定着している全国一律的な定価販売のあり方に大きな影響を与えそうだ。
 同社の井阪隆一社長は同日夕、東京・千代田区の本社で記者会見し、審判を請求するかについて「弁護士や加盟店オーナーなど第三者の話を聞いて、排除命令を受け入れるかどうかを含めて慎重に検討していく」と語った。」

ふつうに考えたらやっぱり制限はダメだと思いますよね。消費期限が近付いてきてこのままいったら売れ残って捨てないとダメなのにそのままほったらかしてるなんて普通の経営感覚ではありません!そういえばローソンに買収されちゃった99ショップでは値引き販売していたような気がします。スーパーでも当然のようにやってますよね。






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。