スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月日銀短観の民間予測、景況感2年半ぶり改善

「日銀が7月1日に公表する6月の企業短期経済観測調査(短観)について民間調査機関の予測を集計したところ、大企業製造業の業況判断指数(DI)予測の中心値はマイナス41になった。過去最悪だった今年3月の短観から、17ポイント改善する見通しだ。2006年12月以来、2年半ぶりに改善するとの予測だが、先行きについては慎重な見方も多い。
 日経グループのQUICKが25社の予測を集計した。業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた値。予測値によると、改善幅は02年6月の短観の20ポイント以来の大きさとなる。非製造業はマイナス26で、5ポイント改善する見通しになった。」

いやー17ポイント改善っていってもマイナス41ですよ。。。
日経平均も1万円台を回復してきましたが、まだまだ何かが変わったと思えるような感じではないですよね。
政治のほうも、自民党はあいかわらずダメダメですが、民主党はもっとダメダメでいったいこの国はどうなるのか、やっぱり旧態依然とした既得権益にまみれた自民党政治が日本人の好みなのかとがっくりします。。。

Nikkei225.jpg


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。