スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスを数字で把握する。

こんにちは!
税理士の柴森です。


今日はキャッシュフローの話題。


実は最近何にいくら使っているか分からなくなってきたので添付のとおりエクセルで支出の種類別に分類して毎日つけてはじめました。

すぐわからなくなるので必ずレシートか領収証をもらうようにしています。特にコンビニとか言わないとレシートを渡さないのにイラッときますが・・。


excel.gif



会計上は帳簿をみたらわかると思いますが、うちは個人事業でしかも一人暮らしなので、「仕事の経費+家計の支出」の両方で何にどれくらい使っているのかをエクセルでみています。(ちなみに毎月おおよそ定額の支出は別枠でみています)

いわゆる「お小遣い帳」です。


しかも最近月次予算を立てています。(守っていませんが)


今のところ月次予算を守って経費を削減するために使っているというわけではありませんが、


「現状を把握する」


ということはとても大事だと改めて思いました。



つまり、現状を把握しているということは


「次のアクションに向けて思考できる」


ということを表しています。


正しい現状把握がなければ、思考が止まってしまうのです。


よりよいビジネスプランに改善していくためには、常に思考していることが大事です。


まずは


「ビジネスを数字で把握する」


ことから始めてみましょう!


あ、うちは「ビジネス」じゃなくて「生活」ですけど・・。




---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 

広島のための柴森忠司税理士事務所サイトはこちら

---------------------------------------------------------------------------





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。