スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業融資を受ける際のポイント その2

こんにちは。税理士の柴森です。

前回、以下のように書きました。
Q 創業融資をうけようとする上で、一番大事なことってなんだと思いますか!?
A 「事業の実現可能性が高いこと」


「事業の実現可能性が高いこと」と言われてもちょっとピンとこないですよね。



もう少し具体的に考えてみましょう。



国民政策金融公庫の新規開業資金融資の要件には次のように書かれています。



次のいずれかに該当される方
1 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
1) 現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
2) 現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
2 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
3 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
4 雇用の創出を伴う事業を始める方
5
1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね5年以内の方



つまるところ、「今からやろうとしている事業は自分が今までやってきたことを踏まえていますか?」ということですね。


これまでやってきたことと全然違うことをして独立しようという方が、意外とおられます。


よくあるのは、フランチャイズに加盟して、独立しようというケースです。


もう少し具体的にいうと、たとえばハウスクリーニングです。


経験がなくてもいろんなものをフランチャイザーが揃えてくれますからお金さえ払えば開業できますが、ぜんぜん経験がない場合がほとんどです。



しかしながら、融資の審査をする側からみれば、


「ほんとに今まで経験のないことをやってうまくいくの?経験がなくてもできるんならだれでも儲かるやん!」


というのが本音です。



経験がないと全くダメというわけではありませんが、自分の今までの経験に基づいて独立・起業する場合は、「しっかり経験に基づいてやってるな」、という印象をもってもらえます。



それは、経験がない人より、いわゆる「事業の実現性が高い」といえると思います。



<つづく>





資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。