スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業融資を受ける際のポイント その1

こんにちは、税理士の柴森です。


先日、国民政策金融公庫の創業融資を受けたいとご相談がありました。

いろいろお話しをうかがっているなかで、気づいたことが多々ありましたので、少しずつまとめて行こうと思います。




Q 創業融資をうけようとする上で、一番大事なことってなんだと思いますか!?




ちまたでは、自己資金の額、しっかりした保証人の有無、担保の有無、といった話しをけっこうききますよね。



私は、一言でいえば、


A 「事業の実現可能性が高いこと」


だと思います。



つまり、「その方の事業計画や起業に関する想いを伺って、この人なら、きっとこの事業を始めて、うまくいくだろうな~」、と思えるかどうかということです。


めっちゃ抽象的でわかりにくいでしょうか??



しかし、これはすごく大事なことだと思います。



逆にいえば、自分の事業計画を、自分で客観的に再評価してみて、自分で何か違和感を感じるようであれば、少しどこかを見直す必要があるということです。



このときに大事なのは、根拠なく楽観的に評価するのではなく、また自分を過小評価するのでもなく、あくまで第3者的視点で客観的にじっくりと考えてみることです。



もう少し具体的な例をあげていいますと、


「運転資金として500万円ぐらい借りたいんですわ」


という方。



仮りに仕入れを伴わないサービス業で、1年目の売り上げ見込みが1000万円くらいとすれば、「500万円も普通に考えて何に使うん!?」と思うケースがままあります。



これは、運転資金という意味を勘違いしているからです。



運転資金は、創業してから軌道に乗るまでの生活費ではありません。



たとえば、仕入れをしてから販売→代金回収までのタイムラグを埋めるものであったり、売り上げを伸ばすために使う広告宣伝費であったり、普通、運転資金であろうと、資金使途がはっきりしているはずです。



こういう場合は、そもそもの資金使途を明確にして、いったい具体的に考えていくら必要なのか、それによって売り上げにつながる実現性は高いのか、を再検証していく必要があります。



きちんと実現性あるプランを考え抜いているかによって、審査担当者への心証が変わってきます。



<つづく>





資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。