スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開業支援 受給資格者創業支援助成金について2

ちょっと間があいたら何を書いていたが若干忘れました。。


受給資格者創業支援助成金


でしたね。


どういうときにもらえる助成金なのか、かんたんに説明しますと、


1. 5年以上雇用保険に入っていた雇用保険の受給資格者(いわゆる失業中の人)が、
2. 個人事業で開業または法人を設立し、
3. 創業後1年以内に雇用保険の適用を受ける従業員を雇う



つまり、現在失業中の人が会社を作って人を雇えば助成金をもらえるんです。


いくらもらえるかというと、


最大200万円!!


知らなかったらゼロ円です。


※ポイントを追記しておきます。
 法人の場合、自ら出資し、代表者とならなければいけません。
 もっぱらその仕事に従事しないといけません。(兼業はダメです)
 従業員は親族はダメです。相当期間雇用を継続する必要があります。(相当期間とは支給が完了するまでと思われます。)
 個人開業または法人の設立前に「法人等設立事前届」を提出する必要があります。



詳しい要件は次回。

(つづく)


↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ
柴森忠司税理士事務所
〒658-0015神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
TEL:078-431-5256
JR摂津本山駅徒歩7分

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。