スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金繰り改善案その5

軽く融資に触れたところで、今日は銀行手数料について考察してみましょう。

大事なことは次の二点です。

④支払代金から振込手数料を差し引いて支払う!!
⑤売上代金から振込手数料を差し引かせない!!


はい、この相反する二つの理屈、とても大事です。

振込手数料はざっくり500円としましょう。

月に100件の振込みがあれば月間で500円x100件=5万円、年間で5万円x12ヶ月=60万円かかります。
振込みが月間100件なんてすぐにいっちゃいます。

しっかりスタート時に「振込手数料は差し引いて支払う」という事務を構築しましょう。

今時、「振込手数料はご負担ください」ということがかかれている請求書も多いですが、まだまだ「振込手数料を差し引いて支払う」という悪しき?商習慣は存在しています。

これで月間5万円、税理士に支払えますね(笑)。そっちのほうが有意義です!


一方、売上の請求について、振込手数料を差し引いてくる会社がありますよね。
はい、即クレームの電話をかけましょう。

え?さっきと矛盾してる?はい、してます。いいんです。商売は理屈じゃありません。

月に100件とはいかないでしょうけど、
月に50件入金があれば、月間500円x50件=2万5千円、年間2万5千円x12ヶ月=30万円の支出を防げます。

支払いが月に100件と受取りが月に50件とすれば、年間90万円も節約です!

美味しいものを食べに行くのもよし、税理士にお金を払うのもよし、振込手数料の負担はバカになりませんよ。










コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。