スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金繰り改善案その4

次は「設備投資資金融資」です。

これはわかりやすいですね。設備投資のための融資です。

この融資は、資金使途がはっきりしているという意味で、銀行にとってとてもやりやすい融資です。

「銀行にとってやりやすい」=「企業にとって借りやすい」

ということですね。

融資において、「資金使途がはっきりしている」、「返済原資が明らかである」ということはとても重要なことなのです。

では、設備投資資金融資における返済原資は何でしょうか。

ちょっと会計的になりますが、いわゆる

利益+減価償却費

です。

では年間返済額が「利益+減価償却費」より下回っていないと借入できないのか?

いや、全くそんなことはありません。

なぜなら「利益+減価償却費」は簡便計算でしかないからです。

他にも返済原資としては、売掛期間・買掛期間の改善、在庫の圧縮、遊休資産の売却などによるキャッシュフローの改善から生み出されます。

また、「利益」は決して過去の利益ではなく、「実現可能な将来の利益」です。

では、年間返済額が「(前期の)利益+減価償却費」を上回る場合どうすればいいでしょうか。

それは未来予測に基づいた「資金繰り予定表」を作成して、返済が可能であることを示すことです。

また、資金繰り予定表を作成するためには「中期経営計画」が必要です。

このあたりがしっかりできていれば、銀行員も前向きに設備投資資金を融資してくれるでしょう。



もし「中期経営計画」、「資金繰り予定表」等の作成においてお悩みのことがありましたら

柴森忠司税理士事務所

に是非ご相談ください。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。