スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表者紹介

神戸の税理士 柴森忠司

代表者

代表取締役・税理士 柴森忠司

税理士所属

近畿税理士会芦屋支部 税理士登録第112713号

略歴

 大阪府藤井寺市出身。同志社大学法学部卒。

 大学時代は三回生までで卒業に必要な単位をすべての取得するものの、なぜか卒業できない制度だったようで、四回生は所属だけのゼロ単位取得で無事卒業しました。四回生の12月半ばから2月半ばまではオーストラリアでバックパッカーとしてユースホステルに泊まりながら東半分をラウンドしました。

 平成8年に泉州銀行(現池田泉州銀行)に入行し、支店においては主に融資・外為業務を担当、特に住宅ローンの獲得や延滞管理で活躍しました。

 その後税理士試験の勉強をしていたこともあり、当時同行最年少で銀行の中枢部署である経営企画部に配属され、決算を担当しました。

 平成12年、世界最大手食品メーカー、ネスレの日本法人、ネスレ日本㈱に転職し、会計部にて売掛金管理、財務諸表作成、法人税申告、消費税申告等を担当しました。

 平成15年に財務部に異動し、資金繰り、資金調達、為替ヘッジ等の財務業全般および自動車保険や火災保険などのリスクマネジメント業務全般を担当しました。

 その後、財務部は会計部と合併し、これまでの財務業務・リスクマネジメント業務全般に加え、ヘッジ会計、税効果会計、子会社の決算・税務申告、監査法人担当などの会計・税務業務も行いました。

 また、ネスレ在職中の平成19年(2007年)の税理士試験に合格し、平成21年(2009年)2月に税理士登録をしました。

 銀行における融資業務と、企業における資金調達の両面から財務業務に携わった経験から、資金繰り管理や キャッシュマネージメントの効率化支援に強みを持っています。

 現在は、銀行での経験による融資・銀行全般の知識、ネスレでのシンプルでシステマティックな仕事のやり口から学んだ企業業務の知識、税理士試験を通じて学んだ税務知識、のすべてを融合させた、柴森独自のアプローチによるコンサルティングが好評いただいています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。