スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開業1年目の帳簿のつけ方(前置き編)

はっきりいいます。一番いいのは税理士事務所にお願いしましょう。なぜなら開業1年目の税務申告はけっこう重要だからです!

スタートをまずきっちり始めることはとても大事ですし、1年目の開業費の計上や赤字の繰越は間違えると税理士報酬くらいはすぐに損します。

しかもそんなに顧問報酬も高くないうえに、税金や会計以外の事務面でもいろいろ相談にのってもらえます。

もう一度言いましょう。はっきりいって税理士事務所に依頼するのが断然オススメです!

しかしながら、どうしても「開業当初はお金がないしなんとか自分でやりたい、損してもええねん。」的な方のために帳簿のつけ方を見ていきましょう

まずは会計ソフトを用意します。まだ持っていない方は「弥生会計」をオススメします。

スタンダードで十分です。平成22年5月現在34,860円と載っています。そんなにかかるのかって?やっぱり税理士事務所に依頼したくなってきましたか?

大丈夫です。3年くらいは使えます(笑)正しい使い方かどうかはわかりませんが・・。たぶん問題ないでしょう。そう考えれば、月々1,000円くらいですね。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。