スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顧客倒産のリスクについて

今日は売掛先の倒産リスクのについて考えてみます。

□新規取引
新規取引をはじめるにあたってはやはり信用調査が必要です。
コストはかかりますが、帝国データバンク等の調査会社を使うのも手です。
また、社長と話した人となりや仕事に対する考え方も重要です。
自分なりにチェックシートを作っておいて顧客ごとに取引上限を設定しましょう。
もちろん最初は少額の取引から始めましょう。

□取引開始後
定期的な信用調査のメンテナンスが必要です。年に一回は社長(あるいは営業部長等)と面談し、最近の業況等をそれとなく聞いてみましょう。
調査会社のレポートも3年に一度くらいはアップデートするといいでしょう。

□倒産リスクの回避
倒産リスクを回避する方法にはいくつか考えられます。
1. 売掛サイトを短くする(キャッシュフロー面でも重要です)
2. 取引額に応じた保証金を取引開始時にいれてもらう
3. 顧客の取引銀行に決済の保証書を発行してもらう
4. 取引信用保険(倒産保険)に加入する

売掛金の回収が滞ると一気に自社の資金繰りが悪くなって行き詰ってしまう可能性があります。
特に最近は金融情勢が非常に悪いので、なかなか金融機関から資金をひっぱれません。
新規取引時の取引先の選別や普段からの取引先の状況把握があなたを勝ち組に導いてくれるに違いありません!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。