スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日産>600億円申告漏れ 国税指摘 「不服」と審査請求

 「日産自動車が東京国税局の税務調査を受け、07年3月期に約600億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。グループの再編に伴い保有する子会社の株式を別の子会社に譲渡したが、この株式譲渡が課税対象とされたという。過少申告加算税を含む追徴税額は、税務上の赤字があったため、数十億円にとどまったとみられる。日産はすでに納税を済ませたが、処分を不服として国税不服審判所に審査請求している。
 日産の説明や関係者によると、日産グループは06年4~7月、全国に52社ある販売子会社の不動産などの資産を日産の100%子会社「日産ネットワークホールディングス」(日産ネット社)に統合する再編を実施した。この際、いったん販売子会社を分割して資産管理会社を設立するにあたり、日産が増資するなどして資金援助したという。
 その後、日産は資産管理会社の株式を日産ネット社に譲渡したが、この譲渡について課税処分を受けたという。
 日産広報部は「国税当局に事前に相談しながら税務申告したが、最終的に国税の判断が変わり課税対象とされた。納得できない」としている。」

この記事を読んだだけでは詳細はわかりませんが、通常業績不振子会社への増資による資金の援助は寄付金に該当して課税扱いになるので国税局のいってるほうが正しいように思います。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。