スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超」記憶法の著者「収入記憶できず」脱税

「世界最速『超』記憶法」などの著書で知られる通信教育業「つがわ式」の津川博義社長(61)(鳥取県米子市)が、約4378万円を脱税したとして、鳥取地検は17日、津川社長を所得税法違反で在宅起訴した。
 津川社長は読売新聞の取材に対し、「記憶法の本が爆発的に売れて通信教育の受講者も殺到し、収入が記憶できる状況でなくなった。脱税の意図はなかった」と話している。
 起訴状などによると、津川社長は2004~06年、通信教育や本の執筆で得た所得計約1億5500万円を隠し、所得税を脱税したとされる。
 津川社長は米子市内で学習塾を経営していたが、04年以降、記憶法に関する著書を相次ぎ発表、テレビにも出演した。このほか、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の漢字学習ソフトも監修した。

コメント

税理士 神戸

神戸で税理士をお探しなら「神戸の税理士 柴森忠司税理士事務所」をご利用ください!!!

2009年12月18日02:18 from 神戸の税理士 柴森忠司URL

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。