スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<脱税容疑>解体業者が8千万円 東京国税局が告発

「東京都江戸川区の解体工事会社「フジムラ」が約1億8000万円の所得を隠し、約8000万円を脱税したとして、東京国税局が同社と藤村一人社長(42)を法人税法違反容疑で東京地検に告発したことが分かった。不況による経営悪化に備え、取引先に裏金を作らせていたという。
 藤村社長や関係者によると、同社は工場建設や市街地開発に伴う解体工事などで業績を伸ばしていたが、08年までの3年間に、取引先である廃材の運送業者に水増しした料金を請求させ、正規料金との差額を還流させる手口で裏金を作り、社長名義の口座に入金していたという。
 藤村社長は「不況になった時に資本金に充てようと思い業者に金をつくらせた。反省しており、今後は社会貢献したい」と話している。
 民間信用調査会社によると、同社は80年設立。ビルやマンションの解体工事を手掛けていた。09年3月期の売上高は約38億円。」

いやー、このありきたりの手口でばれないと思ってたんでしょうねー。。。


コメント

税理士@神戸

神戸で税理士をお探しなら「神戸の税理士 柴森忠司税理士事務所」をご利用ください!!!!

2009年12月18日02:20 from 神戸の税理士 柴森忠司URL

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。