スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外向け英語放送、赤字1億6千万…NHK子会社

「日本の情報を英語で世界に発信するNHKの子会社「日本国際放送」(高島肇久(はつひさ)社長)が今年度、当初計画を大幅に上回る1億6300万円の赤字になる見通しであることが12日、分かった。
 昨年4月の発足時はNHKの全額出資だったが、在京民放4社や金融機関など民間企業15社の出資を受け、今年2月から放送内容を拡充した。拡充の目玉は、CMを入れた独自番組の放送だったが、広告市況の冷え込みで思うようにスポンサーが集まらなかった。
 さらに、国の補正予算見直しで、地方民放局制作番組の放送が中止になり、今年度の赤字は当初見込み額3900万円を大幅に超えることが確実になった。
 同社は、世界約80か国・地域の1億1000万世帯を対象に、ニュースや日本文化の紹介番組などを24時間、英語で放送している。」

さすがNHK子会社!当初3900万円赤字予定がふたをあけたら1億6300万円の赤字!!!!!余裕ですなーー。そんな経営でいいならどんどん会社運営してあげますけど・・・。
いやーほんとに信じられません。。。お金持ちの道楽かい!!


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。