スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<関税法違反>さらに23億円脱税容疑 仲介業の男再逮捕

「国産豚肉を保護するための差額関税制度を悪用した脱税事件で、同様の手口でさらに約23億8000万円を免れたとして、名古屋地検特捜部は10日、住所不定、食肉仲介業、赤荻和夫容疑者(63)を関税法違反(脱税)容疑で再逮捕した。赤荻容疑者の脱税額は総額で約45億4000万円に上るとみて全容解明を進める。
 容疑は05~06年、チリ産の豚肉計約1万1000トンを実際より高く輸入したように虚偽申告して計303回輸入し、関税約23億8000万円を免れたとしている。特捜部によると、赤荻容疑者は容疑を認めているという。
 また特捜部は同日、05~06年に関税計約21億6000万円を免れたとして、関税法違反(脱税)罪で赤荻容疑者を起訴、共謀関係にあった食肉輸入会社経営、芦村秀吉(46)=山口県下関市=と同、清川主雄(59)=福岡県水巻町=両社長を在宅起訴した。特捜部によると、赤荻容疑者は報酬として芦村被告に七千数百万円、清川被告に千数百万円を支払っていた。」

コメント

税理士事務所 神戸

神戸で税理士をお探しなら「神戸の税理士 柴森忠司税理士事務所」をご利用ください!

2009年12月12日22:13 from 神戸の税理士 柴森忠司URL

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。