スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<脱税>豚肉輸入で21億円、米在住の男逮捕 名古屋地検

 豚肉を輸入する際に適用される「差額関税制度」を悪用し21億円余を脱税したとして、名古屋地検特捜部は19日、米国在住の元会社経営、赤荻和夫容疑者(63)を関税法違反(脱税)容疑で逮捕した。特捜部は、赤荻容疑者が同様の手口で総額40億円以上の関税を免れたとみて裏付けを急ぐ。
 容疑は、食肉輸入会社社長ら2人と共謀して05年1月~06年2月、安価なチリ産豚肉約1万1000トンを輸入する際、東京税関大井出張所などに実際より高く輸入したように虚偽申告し、差額関税約21億6000万円を免れたとしている。
 特捜部によると、赤荻容疑者は実際の価格より約22億円高い計約61億7000万円で輸入したように虚偽申告し、関税を約2億7000万円しか支払っていなかった。容疑を認めているという。
 差額関税制度は、海外から安価な豚肉が流入するのを抑えて国内の養豚業者を守る目的で71年に導入された。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。