スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<税理士法違反>朝鮮総連傘下の団体元幹部に有罪 東京地裁

「無資格で税理士業務をしたとして、税理士法違反に問われた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮東京都新宿商工会元副会長、徐英男(ソヨンナム)被告(54)に対し、東京地裁は29日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。弁護側は無罪主張したが、稗田雅洋裁判長は「自己の専門的知識や判断を加えて作業していた」と退けた。
 判決によると、徐被告は06~08年、税理士ではないのに会員の確定申告書40通を作成した。稗田裁判長は「必要な資料の提供を受けず安易に申告書を作成したため、申告漏れや脱税が生じて適正な課税が損なわれた」と指摘。一方で「被告が直接利得を得ていない」と執行猶予を付けた。
 弁護側は「コンピューターソフトを利用した機械的事務。違法という認識もなかった」と主張したが、判決は「違法かどうかは税務署に問い合わせれば容易に確認できた」と退けた。」


税理士業務を「コンピュータによる機械的事務」といいはなつこの弁護士はなんだ!(笑)
じゃあ裁判もコンピュータ化すれば弁護士は不要になるということなのか!



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。