スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<懲戒免職>名古屋国税職員を 親族の確定申告、脱税助ける

「親族の確定申告書を不正に作って約1億円の所得を隠し、約5400万円の脱税を助けたなどとして、名古屋国税局は2日、同局総務部主査級の男性職員(55)を懲戒免職処分にした。親族が全額を修正申告し、職員が報酬を得ていないことから刑事告発は見送る。
 国税局によると、職員は02~08年、自営業者の親族の確定申告書を作成。経費水増しや架空計上する手口で所得額を少なく見せかけ、7年間で約1億円の所得を隠した。親族は申告書の作成を元職員に任せており、不正を知らなかったという。
 職員はこのほか、自分が確定申告する際、扶養控除の条件を満たさない親と子供計2人に控除を適用して、06、07年の2年間で約80万円の所得税を免れたほか、05~08年には子供が扶養親族でないのに、誤って扶養手当計約52万円を受給していた。税理士資格がないのに勤務時間中に職場のパソコンで確定申告書を作成することもあったという。
 職員は、所得税の未払い分全額を修正申告し、不正受給した手当も全額返還した。」



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。