スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱税:警備会社と元社長を容疑で告発 国税局が地検に /大阪

「消費税の免税制度を悪用し、08年3月期までの3年間で消費税約1億2100万円を脱税したとして、大阪国税局が警備保障業「エスピージャパン総合警備」(大阪市住吉区)と森俊彦・元社長(35)を消費税法違反容疑などで大阪地検に告発したことが分かった。
 関係者によると、森元社長は複数のダミー会社などを設立。エ社の警備員のほとんどをダミー会社所属のように装い、警備員に支払う給与はダミー会社への外注費と仮装して経理処理していた。
 消費税は、売り上げから仕入れの費用を差し引いた額にかかる。外注費は仕入れの対象にできるためエ社は給与分の消費税を免れる。ダミー会社の売り上げ(外注費)があるが、森元社長は資本金1000万円未満の会社は設立後2年間の消費税が免税になる制度を悪用し、一切納税していなかった。」






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。