スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.税務署が確定申告書誤廃棄=書庫整理で89社分-東京国税局

「東京国税局は14日、西新井税務署が89社から提出された確定申告書149件(法人税89件、消費税60件)を誤廃棄したと発表した。
 同国税局によると、税務署では1社1冊ずつファイルを作成し、納税義務の消滅時効期間に合わせ、耐火式書庫で7年間申告書を保存している。
 同署では6月22~30日、管轄する約8300法人について、職員10人が保存期間が過ぎた申告書の廃棄作業を実施。その際、収納スペース確保のため、廃棄とは別に古いものから2年分の申告書も抜き取って別に保管しようとしたが、一部を誤って廃棄したという。
 8月10日になって、法人所在地の移動に伴う税務署の引き継ぎで発覚した。」

まあまちがって廃棄するくらいなので問題先はなかったでしょう。管轄内の企業は自分のところが含まれているかどうかちょっと気になるでしょうけど・・




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。