スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税の仕組みを知ろう! その1 簡単な消費税の計算方法

こんにちは、税理士の柴森です。


さて今回は、かんたんな消費税のお話しです。


消費税は、消費者としての自分からすれば
物を買った時に代金に5%を上乗せして
支払って終わりですよね。

でも事業者としての自分は、そんなに簡単ではありません。

消費税の仕組みはいったいどうなってるんでしょうか。


まず、商品を売り上げた時に
お客様から、5%上乗せして代金をいただきます。

そして、自分が商品を仕入れた時に
5%を上乗せして支払います。

この売上時に預かったお金と、
仕入れた時に支払った消費税の差額を、
確定申告書で計算して、
それを税務署に納めることになります。


具体的な事例でみてみましょう。

「840,000円で仕入れた商品を
1,050,000円で売り上げました。
今期の取引はこれだけでした。」

このとき、税務署に納める税金は
いくらになるでしょうか。


まず、売り上げた時に預かった消費税ですが、
1,050,000円x5/105=50,000円です。

次に、仕入れ時に支払った消費税ですが、
840,000円x5x105=40,000円です。

これらの差額、50,000円-40,000円=10,000円を
税務署に納付することになります。


こんな単純だったら簡単なんですが、
例えば次のような事例ならどうでしょうか。


「840,000円の給与を支払って人を雇い、
1,050,000円を売り上げました。
今期の取引はこれだけでした。」


この場合、預かった消費税は同じ50,000円です。

しかしながら、給与の支払いには
消費税がかかりません。

したがって、この場合に納付しないといけない消費税は
50,000円-0円=50,000円になります。

えらい違いですよね。

だから、
どんな取引には消費税がかかって、
どんな取引には消費税がかからないかが
とても重要になってきます。





<つづく>






資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------

イノベーションに自分の30%を使って、パーソナルブランドを進化させる!

こんにちは、税理士の柴森です。


さて、昨日はいつもお世話になっておりますマイベストプロさんのセミナー「パーソナルブランドを構築するための3つのステップ」に参加してきました。



マイベストプロの社長さんである河本扶美子氏が講師でした。(美人です)



普段はあまりセミナーには参加しないのですが、今回は、成功している社長さんのお話しがきけるステキな機会でしたので行ってきました。



ちなみに河本氏のFacebookはこちら↓↓

http://www.facebook.com/fumiko.kawamoto



さて、一番最初はとなりの方と30秒ずつあいさつをして、第一印象を交換するというものでした。



私が受け取ったものは・・・、



memo.jpg



たいだい、職業柄こんなものでしょうね(笑)



河本氏は、ビジネスは第一印象の5秒で決まるので、



「自分が相手にどういう印象を持ってほしいのかを考えておく」



ことが大事とおっしゃられていました。



私のホームページの「経営理念 - 行動の原則」にも「正直で誠実に行動します」と書いていますので、正しい方向性で進んでいることが再認識できました。




今回のセミナーの中で一番印象に残った部分は、



「あなたの強みを強化するヒント」ということで、



<優先順位と時間配分を考える>

65% → 強みの強化に使う

30% → 新しいことに使う(イノベーション)

5%  → 弱みの克服に使う




自分の経営資源、「モノ、ヒト、カネ+自分の時間」は有限です。


それをいかに使うかということをしっかり考えていれば、より効率的なスパイラルで自分のビジネスモデルを加速させることができます!




ここで、実は少し悩んでいます。



新しいことに使う30%の部分です。



「新しいこと」というのは、自分のビジネスにあてはめれば何なのか。



新しいサービス?


新規分野の開拓?


新しいビジネスチャネル?


ちょっとまだ自分の中でもやもやしていて、ガツーンっときていないので、もう少しじっくり考えたいと思います。



きっとその先には明確な目標がみえてくると思います。












「~成功している人の考え方をしろう~第2回成功する考え方セミナー」報告

「~成功している人の考え方をしろう~第2回成功する考え方セミナー」を開催しました。

日時:7月11日(木)18:30~21:00
場所:三宮勤労会館304号室
参加者:10名


成功する考え方シリーズの第2回です。


今回は初めてFacebookでも募集をかけてみたところ、多くの方にご参加いただけました。FB強し!です。


さて今回は、日本マクドナルド社長原田泳幸氏の著書「101の言葉」の中からグッときた言葉を私がいくつかピックアップし、みなさんで、原田氏の言葉をどうとらえるか、どう考えるか、自分の経験からどう響いたかなどなどをシェアし合いました。


いろいろな業種や職種の方が参加されましたので、それぞれの経験談や考え方を聞けて刺激を受け、参考になりました。


特に原田氏は、「アイデアを絵に描いて考えをまとめ、部下に発信していく」という独特の手法を用いられているというところがユニークに感じ、真似してやっていきたいな!と思いました。


その後、懇親会には9名の方に参加していただき、交流を深めました。


ご参加していただきました皆様、ありがとうございました。


セミナーの様子
benkyokai20110711a.jpg

懇親会の様子
benkyokai20110711b.jpg





資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------

創業融資を受ける際のポイント その6(最終回)

こんにちは、税理士の柴森です。


これまで「事業の実現可能性」に着目して、いかにして融資の審査担当者に、自分のビジネスプランが成功しそうだと思ってもらえるか、ということにふれてきました。


内容は次のとおりでしたね。


1. 経験に基づいて事業計画を立てる

2. 自分の強みを知って、自分の信念をもつ

3. 借入れの資金使途をはっきりさせる。

4. 収支計画を作成してみる。



さて、今回はこのシリーズ最終回です。


「資金繰り予定表を作成しよう!」です。



ここで、実をいうと、この「資金繰り予定表」は2つ作成する必要があります!



それは何かというと、「融資審査用」と「自分の未来管理用」です。



「融資審査用」は前回作成しました収支計画書とつじつまが合っている必要があります!



つまり、「自分がプランを立てた収支計画書どおりにコトが進むと、資金繰りはこうなりますよ」というものです。



もう一つの「自分の未来管理用」とは、もっとシビアに作成したもので、「固めにみたら自分が将来のある時点でどれくらい資金が残っているか」を知るためのものです。自分の実際の資金繰りは楽天的にみるべきではないので、本当の資金繰り管理に使うものはシビアなものでなくてはいけません。



さて、このコラムのテーマが「創業融資を受ける際のポイント」ということでしたので、「自分の未来管理用」の資金繰り予定表をとりあえず置いておきます。また、別の機会で触れることにします。



「融資審査用」の「資金繰り予定表」の作り方です。



資金繰り予定表の一般的なフォーマットをインターネットで探してきて作ろうとすると、たぶん難しくて、どこに何をいれたらいいかわからないですよね。



そこでフォーマットにはこだわらず、自分でエクセルで作ることにしましょう。



まず一番上に「前月繰越金額」の欄を作りましょう。そして、現在の残高をざっくり入力します。単位は収支計画書と同じで(千円)にしましょう。



次にその下に、「収入」の欄を作ります。



「収入」の欄には収支計画書の「売上」の金額を記入します。このとき売り上げた代金が何か月後に入金になるかによって、その月分だけずらして記入します。



たとえば翌月入金になる場合は以下の通りです。


【収支計画書】
      7月     8月     9月
売上高   1,000   1,500   2,000

 
【資金繰り予定表】

      7月     8月     9月     10月
前月繰越 5,000

収入      0    1,000    1,500    2,000



わかりますか!?この場合7月の売り上げは8月に入金になるのでずらして記入します。


次に収入の下に「支出」の欄を作ります。そして、「支出」の内訳として収支計画書で経費として記入した項目を作ります。そしてこれも実際に支払う月に合わせて記入します。


仕入れは翌月支払で、その他の経費は当月支払いとすると以下のようになります。残高も計算してみましょう。


【収支計画書】
       7月     8月     9月
売上高     1,000   1,500   2,000

仕入れ     500    750    1,000

家賃      100     100     100
人件費     200     200     250
広告宣伝費  50      50      50
その他     50      50      50


【資金繰り予定表】

       7月     8月     9月     10月
前月繰越   5,000    4,600    4,700    5,000

収入       0     1,000    1,500    2,000


支出
 仕入れ     0      500     750    1,000

 家賃     100      100     100     100
 人件費    200      200     250     250
 広告宣伝費 50       50      50      50
 その他    50       50      50      50

収支     -400     +100     +300     +550

月末残高  4,600     4,700    5,000     5,550


あとは7月に借入れを6,000千円して設備投資を10,000千円をし、毎月100千円返す予定なら、それを加味すると以下のようになります。


【資金繰り予定表】

      7月     8月    9月    10月
前月繰越 5,000    500    500    700

収入      0   1,000   1,500   2,000


支出
 仕入れ    0   -500   -750   -1,000

 家賃    -100   -100   -100   -100
 人件費   -200   -200   -250   -250
 広告宣伝費 -50   -50    -50    -50
 その他    -50   -50    -50    -50

収支     -400   +100   +300    +550

借入れ    6,000
借入金返済  -100   -100   -100   -100

設備投資  -10,000

月末残高    500    500   700   1,150



資金繰り予定表を作成しておくと、将来どれだけお金が残っているのか、どれだけお金が必要なのか、が明らかですよね!



少しだけ難しいですが、フォーマットにこだわらず、是非チャレンジしてみてください!




最後になりましたが、



融資の相談に行くと、きっと融資担当者を相手になかなか自分の思っていることをすべて説明できないと思います。



また、仮りに融資担当者にうまく説明できたとしても、融資担当者が決裁のために上司に稟議書を揚げる際に、うまく文章で説明できない可能性があります。



そういう事態になればとても損なことですよね。



是非、自分のやろうとしているビジネスを紙に書きだしてみて、「これをみてもらったら自分のビジネスがどうなるか一目でわかるでしょ!」というものをしっかり作成してください!




もし、うまく表現できなかったり、収支計画表や資金繰り予定表がうまく作成できなかったら、是非ご相談ください。



正直な話し、大企業で長年事務をやってきたおかげか、ビジネスプランを書面にまとめあげるのはすごく得意です(笑)



初回無料でご相談を受けておりますので、お気軽に電話して、そしてお会いして、たくさん質問してください!



ここまでできればきっと創業資金の調達は成功しているはずです!



<このシリーズ終わりです>







資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------

創業融資を受ける際のポイント その5

こんにちは、税理士の柴森です。


さてこれまで、「事業の実現可能性が高いことが大事」ということで、


1. 経験に基づいて事業計画を立てる

2. 自分の強みを知って、自分の信念をもつ

3. 借入れの資金使途をはっきりさせる。


ということをおススメしてきました。



今回は「収支計画を立ててみよう!」です。



収支計画とはどういうことかといいますと、



つまるところ、「私のビジネスプランを実現すればこれだけ儲かりますよ、こういう姿になりますよ。」ということを数字で示したものです。



小難しくてかっこいいものを作る必要はありません。


まずざっくり


1年後の自分の姿を考えてみましょう。


このときに大事なのは最初に戻って「事業の実現可能性を意識すること」です。



この時の実現可能性は、「70%くらいの確率でできそうなレベル」を意識します。



低すぎる目標を立てる必要はないですし、高すぎる目標だと計画の信ぴょう性を疑われます。



次にその時の売上高を単価x仕事数(顧客数)にブレークダウンしてみましょう。飲食店とかなら単価x席数x回転数とか業種によっていろいろありますよね。



そのブレークダウンは無理がなさそうでしたか?無理があればちょっと修正してみます。
現状では無理でもいいんですよ!一年後にそうなっていればいいんです!



次に経費を考えていきましょう。




さきほど考えた売上高になっているときに必要となっているものってなんでしょうか!?
細かい金額のものはさておき、大きな費用から考えていきます。(月次ベースで考えてください。)



もちろん業種によりますが、仕入代金、家賃、人件費、水道光熱費、コピー機のリース料、などなどですね。



売上の状態と経費の金額がちゃんとマッチしているかがポイントです。
また、飲食店などの場合は業界の標準的な原価率をベースに考えるのもいいと思います。



さてさて、これらのベースになる金額がでてきたら、金額を一覧にしてみましょう。
主要な経費以外はざっくり「あとこれくらいはかかるかな」という感じで「その他」で考えます。

金額の単位は千円がいいと思います。(銀行は万円を使いません)


たとえば1年後の7月時点でこんな感じで考えます。(個人事業の場合、自分への給料は含めません)


売上高  3,000千円(@4千円x30人/日x営業日数25日)

原価   1,200千円(原価率40%)

粗利   1,800千円(売上高-原価)

人件費   300千円(@800円/hx5hx3人x25日)
家賃     300千円
水道光熱費  100千円
広告宣伝費  100千円
その他    100千円
経費合計  900千円

営業利益 900千円


いや~、もうかってますね!
もしここまで作ってみて、儲かりすぎていたり、赤字になりすぎているようなら修正する必要があります。どこがおかしいか考えて修正してみましょう。



ここまでできたら、できればエクセルに入力してみましょう。
そして、開業直後から1年後までの計画を月次ベースで作成してみましょう。
1年後の姿がみえていたら、だいたいそれまでの過程がどうなっているかわかるはずですよね?
もうそこまでは作成できるはずです。



これを1年分合計したら1年目の計画は完成です!
本当は細かいことを言えば、減価償却の金額を計算したり、税金の金額を計算したりする必要がありますが、現時点での計画としてはそこまでできる必要はありません。



1年分集計してみたらどうでしたか?
もし自分の経験からして違和感を感じるようなら、もう一度振り返ってみて修正してみましょう。



「この数字なら信ぴょう性あるな!」と自分で納得できるなら、きっとそれは、融資の審査担当者にとっても信ぴょう性のある資料になるはずです。


なぜなら、そのビジネスのことは融資の審査担当者よりあなたのほうがプロなはずだからです!




<つづく>





資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------

創業融資を受ける際のポイント その4

こんにちは、税理士の柴森です。



さて、いよいよお金の話しです。



金融機関が融資をする際にものすご~く大事にしていることです。



それは



「資金使途がはっきりしていること」



です。


これはすごく大事です。


融資したお金が何に使われるのかわからないと困りますよね。



設備投資の資金を借り入れるのは比較的やりやすいです。



なぜなら、設備投資資金は資金使途がとてもはっきりしているからです。



たとえば、「内装工事」「コピー機」「店舗の保証金」「営業用車両」
これらは見積書と領収証を見ればすぐ確認できますよね。


運転資金の場合はあまりはっきりしないですよね。



そもそも運転資金とはなんでしょうか?



「経営するのに足りないお金??」



いえいえ違います。



運転資金とは、「仕入れや経費などの代金を支払ってから、それが売上代金として回収されるまでのタイムラグを埋めるための資金」です。



たとえば、「4月に開業して100万円の商品を仕入れて即金で支払いました。経費を月に30万円支払いました。この商品を150万円で売り上げました。売上代金の回収は3ケ月後の7月です。」

5月も同様、6月も同様とすれば

初めて売上代金が回収される7月までに(仕入代金+経費=130万円/月)x3ケ月=390万円を支払っていることになりますよね?


これは事前に用意しておかなくてはならないお金ですね。


これがまさに運転資金です。



わかりましたか?



つまるところ、運転資金がいくらなのかは、月次ベースの収支計画書がないと算定できないことになります。




というわけで、月次ベースの収支計画書を作ってみることが大事なのですが、また次回ということで・・・。




<つづく>





資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------


創業融資を受ける際のポイント その3

こんにちは、税理士の柴森です。

さて、「事業の実現性が高い」とはどういうことなのか、について触れてきましたね。


もう少し考えていきましょう。


前回、これまでの経験に基づく起業が大事というお話しをしました。


それは、言いかえれば、「あなたの強みを生かして起業する」ということです。


起業が成功するためには、やはり「他人とは違うなにか」「しっかりしたビジネスモデル」が必要です。


実は、ヒヤリングするといろんな経験をしてきているのに、「強みって別にないです」という方が、すごくたくさんいます。


それはたぶん、自分にとってはあたりまえだからなのです。でもそれは他の人からみたら「すごいいい経験してるなー、すごいなー」と思うことはたくさんあります。


まずは、自分がこれまでやってきたことを紙に書きだしてみましょう。ビジネスに関係なさそうな些細なことでも構いません。


そして、自分が起業してやっていこうと思っていることと結び付けてみましょう。


「自分はこんなことをやってきて、こんなことに気が付いている。だからこういう風にやれば絶対うまくいくはずや!」
とだんだん思えてきます。
それがいわゆる、「ビジネスモデル」です。



そして、自分のビジネスモデルに、絶対的な信念をもちましょう。



「絶対うまくいく!」



そういう状態になってくれば、融資の審査担当者は、



「この人は経験に基づいて、しっかり考えて自信をもってやってるな。これは成功しそうやな。」



というふうに思います。


こういう人的な審査をいわゆる融資の「定性評価」といいます。


融資をする際に「定性評価」はとても大事なことです。
自分の起業してやろうとしているビジネスにしっかりした信念を持てるように、まずはじっくり自分を見つめなおしてみましょう。



<つづく>





資金繰りのご相談なら、神戸の税理士、柴森忠司税理士事務所まで!
078-431-5256

最初のご相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
「それは無理」ではなく「どうすればあなたの希望を実現できるか」に着目して、じっくりお話を伺います。

---------------------------------------------------------------------------
神戸の柴森忠司税理士事務所
神戸市東灘区本山南町7-8-30-609
078-431-5256


オフィシャルホームページはこちら

開業支援・会社設立支援のページはこちら

資金繰り・銀行対策のページはこちら

神戸新聞に神戸のプロとして掲載されているページはこちら 
---------------------------------------------------------------------------


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。