スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営を知るその7 ~3C分析その3

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ


こんにちは。


またまた3C分析の続きです。



いよいよ3C分析の最後は



Customer(顧客)



です。



最後にもってきたのですが、実をいうと、一番大事なのかもしれません。




Customer(顧客)



がいないとビジネスが成り立ちませんからね。




顧客分析が一番むずかしいですよね。



いろいろあるのですが、ここでは、




「市場細分化」→「ターゲッティング」



という部分をみていきましょう。




まずは「市場細分化」です。



いつも開業しようという人にいいいます。



「どんなターゲットを対象にビジネスするん?」




これってめちゃめちゃ大事なんですが、意外と開業することに頭がいっぱいなのか、自信がないのか、自分の強みを分析できていないのか、「いやー、すべてがターゲットです。なんでもやります!」という人がとても多いです。




「なんでもやります」は「なんにもできへんっていってるのといっしょやで!」



といつも言います。



これはマジです!



このやり方は知名度の高い大企業であろうとも絶対売れません!!!


大企業ですら売れないのに、いわんや新参者をや・・ですね。




とは言え、どうやって考えていったらいいんでしょうか。




まず、「市場細分化(セグメンテーション)」というアプローチをとってみましょう。




自分がビジネスをしようとしている対象顧客を、まず次の4つの観点で、細分化してみます。




①社会経済的要素(年齢、性別、家族数、収入、職業、教育水準、国籍などなどです)


当然一度くらいは「女性をターゲットにしよう!」とか「中国人をターゲットにしよう!」とか考えたことがありますよね?その視点です。




②地理的要素(地域、人口密度、人口規模、気候などなどです)

たとえば、「地元に特化したサービスにしよう」とか「神戸は大阪よりかなり企業数が少ないから神戸でなく大阪でビジネスをしよう」とかそういった視点ですね。



③心理的要素(ライフスタイル、性格などなどです)

たとえば、「フリーターをターゲットにしよう」とか「性格がこまかい人むけのサービスにしよう」とかそういった感じですね。



④購買行動的要素(使用頻度、ブランド、ロイヤリティなどなど)

ちょっとイメージしにくいですが、ブランド志向のひとをターゲットにしたブランド戦略や、逆に安くていいものをどんどん買ってはまた新しいのを買ってというひとをターゲットにしたり、といった視点ですね。



市場細分化ができたところで「ターゲッティング」に向かうわけですが、また続きは次回・・。


(つづく)




↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ






経営を知るその6 ~3C分析その2

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ



こんにちは。

3C分析
の続きです。3C分析ってなんでしたっけ?







3C分析とは


Company(自社)

Competitor(競合)

Customer(顧客)



という3つのCの観点から分析する手法でしたね。






今回はCompetitor(競合)について考えてみましょう。


競合とはどういうことでしょうか。




つまりは自分が事業をやろうとしている、やっている業界のこと、つまり 外部環境 のことですね。


自分のこと(=内部環境)は強み(Strength)と弱み(Weakness)という観点から分析しましたが、外部環境については、機会(Oppotunity)と脅威(Threat)という観点で考えてみましょう。




業界ではこれからどんなことが伸びていくのか、どんなビジネスチャンスがあるのか、周辺業界への進出やシナジー効果の可能性はあるのか、このあたりが業界における機会ですね。



逆に業界ではどんな部分が廃れていくのか、他の周辺業界からの参入という脅威にさらされていないか、旧態依然とした業界の体質により業界全体が衰退しつつあるということはないか、などなど、このあたりが業界における脅威ですね。



自分のこと(=内部環境)を知ることはとても大事なことですが、業界(=外部環境)のこともしっかり分析して、どの方向に向かっていく必要があるのか、どんなビジネスチャンスがあるのか、自社の立ち位置はどこなのかということを考えていきましょう。






難しくてよくわからなかった、どうやって具体的に考えていいかわからない、といったときはお気軽にご相談ください。(電話でもメールでもFAXでもいいですよ!)



(つづく)



↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ




経営を知るその5 ~3C分析その1

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ


こんにちは。


経営理念、経営ビジョンができたところで、次はいよいよ具体的な経営戦略に行きたいところですが、その前にまず現状分析が必要ですね。


まずは

3C分析

という手法により現状を分析していきましょう。




3C分析とは


Company(自社)

Competitor(競合)

Customer(顧客)



という3つのCの観点から分析する手法です。



まずは

Company(自社)から考えていきましょう。


開業時にあたっては、自社=自分ですよね。

自分がこれまでやってきたことを紙に書き出してみましょう。


自分の強みと弱みに焦点を絞りながら考えます。


ほかの会社やほかの人に比べて自分の経験や知識からするとどんなことが強みなのか!?


たとえば、税理士について考えてみましょう。


一般的には税理士事務所で経験を積んで、試験に受かったら独立したりします。



もし、一般的な税理士事務所で経験を積めないような経験をあなたがしていれば、それは強みですよね!?


たとえば

IT企業で働いていた

とか

サッカーがプロ並みでトークで盛り上がる

とか

なんでもほかの人がやっていなさそうなことができたら強みですね。

逆に、ほかの人ができそうなことができない場合は弱みですね。


たとえば

相続税は実務経験がない

とか

住宅ローン控除はよくわからない

とか

ですね。


自分の強み、弱みをしっかり考えてみましょう。

これは誰にでもあるはずです。

自分だけないと思うのは、まだまだ自分の振り返りが足りませんよ!


(つづく)


↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ


経営力アップ!クリティカルシンキング勉強会(第三回)

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ



11月に勉強会を開催いたします。

テーマ:経営力アップ!クリティカルシンキング勉強会

日時:11月11日(木)18:30~20:30
場所:三宮勤労会館304号室
参加費500円 (会場費・資料代)
定員18名

終了後は意見交換会・懇親会をもちたいと思います。


継続的な勉強会を通じて最終的には中長期経営計画を策定できる力を養っていきたいと考えています。

内容としては、簡単な説明の後、自分たちで考え発表していただく時間をなるべく多くもちます。

参加ご希望の方は、申込フォーム、Eメール、電話、ツイッター等で連絡をお願いします。


申し込みはこちらから↓
申込フォームはこちらをクリック


↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

第二回クリティカルシンキング勉強会報告

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ



第二回クリティカルシンキング勉強会を開催しました。

日時:10月13日(水)18:30~20:30
場所:三宮勤労会館304号室
参加者:5名


グロービスのMBAクリティカルシンキングを題材に

因果関係


の簡単な講義のあと


因果関係を考える演習問題を行い、簡単に発表をしていただきました。


最後は


「マトリックス分析」


のフレームワークを用いて、自分がこれからやろうとしていることを付箋にかきだしてもらい、重要度と緊急度という観点から、それぞれの事項の状況を分析していただき、全員に発表していただきました。



その後、懇親会にも5名全員の方が参加していただき、交流を深めました。


ご参加していただきました皆様、ありがとうございました。





↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

リスケのつづき

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
ここをクリックすると1日1回、10pt入ります。このポイント数で順位がきまります。
人気ブログランキングへ



前回の訪問から1週間たった本日、再度国金さんとの面談にいってきました。



前回はマジで忙しかったからか事務的な対応にブチ切れかけましたが、ほんとに忙しかったからみたいで、今日は行って簡単に現状説明をしたところ、あっさり元本の半年据え置きとその後期間延長で返済額の大幅削減をしていただけました。


前回訪問時に渡しておいた、自分の作った経営改善計画書がよかったからだと信じましょう(笑)


国金さん、ありがとうございます。


前回は吠えて失礼しました。


その後、銀行に行って国金の内容を踏まえて調整してきました。


なんとか無事役目を果たせそうです。。よかったよかった。



みなさま、リスケの相談がありましたら是非お問い合わせください。(笑)



今かかえている超ヘビー案件は無理そうですが・・。




↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
ここをクリックすると1日1回、10pt入ります。このポイント数で順位がきまります。
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

経営を知るその4 ~経営ビジョンを考える2

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
ここをクリックすると1日1回、10pt入ります。このポイント数で順位がきまります。
人気ブログランキングへ



ちょっと間があいてしまいましたが、「経営ビジョン」のつづきです。


「経営ビジョン」とはなんだったでしょうか?




3~5年後くらいの「将来のわが社のありたい姿」でした。




経営理念は、「経営者の価値観」ということでより理念的、哲学的な感じでしたが、経営ビジョンは、もう少し短期的スパンでみた現実的な将来の姿です。



経営ビジョンを考えるときには次の三点に軸をおいて考えてみましょう。

①市場・社会でのポジションなどの対外評価

②事業運営の将来像

③組織と人のあり方・関係



それではもうちょっと考えてみましょう。

①市場・社会でのポジションなどの対外評価、とは何をいっているんでしょうか?

ここでは対外的にどういう会社になっていたいかということいっています。

たとえば、「地域社会のリーダーになる」、「環境を一番に考える会社」、「人にやさしい会社になる」「高齢化社会を支える会社になる」などなどですね。


次に②事業運営の将来像、とは何でしょうか?

ここでは、自社の事業をどのように回していきたいか、をいっています。

たとえば、「社員ひとりひとりの生産性を業界No1にする」「無借金経営をする」「他にない独自のサービスを提供する」などなどです。


最後に③組織と人のあり方・関係、です。

ここでは、文字どおり組織形態や組織と人の望ましい姿、をいっています。

「成果を報酬に反映させる」「仕事を通じた自己実現を大事にする」「家族のような会社になる」などなどです。



ちょっと難しかった気がしますが、これらの3点を中心に、3~5年くらいの中長期の将来的な自社の姿を想像して、文章にしてみましょう!


よくわからなければ、ご相談ください!


↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
ここをクリックすると1日1回、10pt入ります。このポイント数で順位がきまります。
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

閑話休題

先日、お客さんの依頼で、リスケ、いわゆるモラトリアム法案による返済猶予の申請にいってきました。


今回思ったんですが、


亀井さんは偉大だ!




(笑)



亀井さんが、モラトリアムをいいだしたとき、「なんじゃいそら」と実際思いましたが、




実際にお金を借りている人の側にたってみると



いかに中小企業に対して銀行に真摯な態度にさすかということはほんとに大事!




今回のモラトリアム法でいちばんすごいのは





銀行がちゃんとリスケの相談にのってくれることです!




プロパー融資もなく、マル保だけなのに、2時間半も話しをしっかりきいてくれました。


まぁそこの融資課長がもともと同期やったからかもしれませんが(笑)





モラトリアム法案対象外の国民政策金融公庫はというと





まったくもって事務的な対応!!!!!




おいおい!!!




ってブチ切れました!(マジで)




天下の国金が忙しいからってまったく話も聞かず




「とりあえず条件変更の申出書を書いてもらわないと対応できません。もって帰って郵送してください。」


だと!




返済しんどいっていってる債務者が、税理士と相談にきてるのに



郵送しろって




なんやねんそれ!



マジで切れましたが



その返答が、




「今から別の面談はいってるんです」




自分が借入してる社長本人なら



大声あげてののしってやるところでしたが


ぐっとこらえて正論をはいてやりました。




仕方なく、部下をかわりにつれてきましたが、またこいつがダメ男で、




「かわりに書類をうけとります」



だけで、「これはいらないんですか?あとからちょろちょろくれっていわれたら困るんですけど」



というと、いちいち上司に聞きに行く始末・・。(推定40歳)




結局、書類はその場で書いて、とりあえず全部だしてきましたが、




あとから、ぐちぐちいってきたら




「なんで最初に説明にいったときに何もいわんかったのにいまごろいうねん!」



っていブチ切れるから覚悟しといてください、国金さん(あ、こっちが返済猶予してもらう立場だった・・)








↓↓↓ブログランキングのクリックお願いします!!
ここをクリックすると1日1回、10pt入ります。このポイント数で順位がきまります。
人気ブログランキングへ

神戸の税理士なら柴森忠司税理士事務所へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。