スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金繰り改善策その8

今日は

8. ATM手数料は払わない!

です。


これは何をいっているのかというと、現金をATMから引き出すときに、時間外や休日だと105円とか210円とかのATM手数料をとられますよね。

これを払わないということです。

月に5回支払っても105円x5回=525円しかかかれへんやんと思った方!



ダメです!



不要な経費は少額であっても支払わない!という姿勢が経営者にとって大事なのです。

こういう経費をまあいいやで支払っていると、ATM手数料だけでなく、他のしょぼい経費もまあいいやでどんどん積み重なってきます。不要なクレジットカードの年会費、使わないヤフープレミアム会費・・などなど支払っていませんか?

それにATM手数料を支払わないということにはもう少し理由があります。

これは次の鉄則ででてきますが、そもそもまず現金をなるべく使わないことが大事です!できるだけカード支払いかネット支払いです。そうすれば現金を下ろす必要がない=ATM手数料は支払わないとなるのです。

また、現金がどれくらい必要かはだいたいつかんでおいて、手数料がかからない時間帯の暇なときにまとめてお金をおろしておきましょう。


それからこの鉄則のもう一つの理由は、銀行(金融機関)に不要な手数料を支払うのが個人的に大嫌いだからです!



ATM手数料を支払っている方、経営者はせこくないと!
その分従業員にポカリでも買ってあげてください。





資金繰り改善策その7

ずいぶん御無沙汰してしまいました。

今回は

⑦支払いはネットバンキングで支払う!

です。

ネットバンキングといってもいくつか種類があります。

① 振込・振替
② 総合振込
③ 給与振込
④ 税金納付


①振込・振替

「振込」は他社の口座(または他行の自社口座)に振り込むことで、「振替」は自社の他の口座(同じ銀行内)に振り替えることです。
「振込・振替」サービスでは、1件づつ支払データ作成→データ送信を繰り返してしなくてはいけません。

②総合振込

総合振込では、まとめて支払いデータを何件も作成しておいて、後からまとめて支払データ送信をすることができます。支払い件数が多い場合にはとても便利です。事前に途中までデータ作成をしておいて、また続きを作成して、支払いの○○日前と決めた日にまとめて送信することができます。特に支払い件数が多くて、支払データ作成は経理担当者が行い、承認及びデータ送信は経理責任者が行うといったように権限を明確にしたい場合にはこのサービスが必要になります。

③給与振込

給与振込では、従業員に振込をしたときにきちんと通帳に「給与」と表示されます。

④税金納付

ペイジーを使って税金の納付等ができます。

ところで、ここで大事なのは①振込・振替と②総合振込のサービスの違いです。

②総合振込はまとめて支払い手続きができるのでとても便利ですが、手数料が違います!


2大メガバンクを比較してみました!


□三菱東京UFJ銀行(BZstation)
基本サービス・・初期費用無料、月額2,100円
 「振込・振替」はできますが、「総合振込」はオプション契約が必要です。
総合振込契約・・初期費用26,250円、月額上記に加え3,150円(つまり合計月額5,250円)
 「給与・賞与振込」もセットです。

□三井住友銀行(Web21)
サービスのグレードによって、「デビュー」、「スタンダード」、「エキスパート」の3タイプの契約があります。小規模中小企業向けの「Web21デビュー」では以下の通りです。
Web21デビュー・・・初期費用無料、月額2,100円 
「振込・振替」も「総合振込」もどちらもできます。「給与・賞与振込」はできません。


三井住友銀行のWeb21は初期費用無料で月額2,100円でかなり安いので、三井住友銀行の口座を使用しているなら是非使いたいですね!



「ネットバンキングなんて初期設定が難しくてわからない・・・」
なんていう方はサポートいたしますので

柴森忠司税理士事務所

までご相談ください!








「経営力アップ勉強会」 参加者募集!

勉強会を開催いたします。

テーマ:
勉強会「経営力アップ~クリティカルシンキング」

日時:9月6日(月)18:30~20:30
場所:三宮勤労会館303号室
参加費500円 (会場費)
定員15名

終了後は意見交換会・懇親会をもちたいと思います。
また17:30~18:30で御希望に応じて個別相談会も考えています。

継続的な勉強会を通じて最終的には中長期経営計画を策定できる力を養っていきたいと考えています。

内容としては、簡単な説明の後、自分たちで考え発表していただく時間をなるべく多くもちます。

参加ご希望の方は、申込フォーム、Eメール、電話、ツイッター等で連絡をお願いします。

申込フォームはこちらから↓
申込フォームはこちらをクリック

ツイッターID:tshibamori


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。