スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱税:法人税5億円、容疑で「オプト」会長ら逮捕 太陽電池業界で注目

都留市の太陽光発電用部品製造会社「オプト」が総額約5億円の法人税を脱税したとして甲府地検は26日、同社会長、田原貞良(67)=笛吹市八代町南▽知人で南アルプス市吉田、無職、村松正彦(69)▽同社経理担当で西桂町小沼、渡辺しのぶ(51)--の3容疑者を法人税法違反(脱税)容疑で逮捕。東京国税局と合同で都留市玉川の本社など関係6カ所を家宅捜索した。
 同地検によると、3人は04年9月~07年8月の3年間に、村松容疑者が役員になっている実体のない会社に、材料のシリコンを架空発注したように装ったり、購入した機械の減価償却費を過大計上するなどの方法で経費を水増しし、総額約17億円の所得を隠した疑いがある。
 3年間の各事業年度ごとの所得隠しの額は年間約3億8160万~7億5230万円、脱税額は約1億1500万~2億2600万円。その間の同社の申告税額は143万~約2億2550万円だった。田原容疑者と村松容疑者は任意の捜査段階から「正しい申告をしていた」などと容疑を否認し、修正申告もしていない。
 信用調査会社によると、同社は88年に田原容疑者らが設立、92年からは田原容疑者の息子が社長を務めている。同社は05年に笛吹市に工場を増設するなど業務を拡大しており、海外メーカーとも取引するなど、太陽電池業界では注目される会社の一つという。
 都留市の田園地帯にある同社本社には、26日午前から同地検と東京国税局の係官が家宅捜索に入った。玄関のガラス扉には、立ち入り禁止を告げる紙が張り出され、従業員たちが不安げな表情で見守っていた。





クレディ・スイス証券社員ら100人 20億円申告漏れ ストックオプションめぐり

 スイス金融大手の日本法人「クレディ・スイス(CS)証券」(東京都港区)の社員ら約100人が、親会社から与えられたストックオプション(自社株購入権)で得た所得計約20億円の申告漏れを国税当局から指摘されていたことが19日、分かった。
 関係者によると、CS証券社員らは、平成19年までにCS株を取得したが、東京国税局などに申告していなかったとされる。国税当局が所得を把握しにくい海外の口座で自社株を取得、運用していたケースもあり、追徴税額は計約8億円に上るとみられる。
 自社株購入権は、自社株をあらかじめ決められた価格で購入する権利。時価より安く購入すれば、差額が給与所得として課税され、株式を売却して利益を得れば譲渡所得として課税される。自社株購入権をめぐっては、海外口座での所得隠しが発覚するケースも相次ぎ、18日には米医療用品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン」日本法人の広瀬光雄元代表(72)が所得税約5800万円を脱税したとして東京地検特捜部に在宅起訴された。
 CS証券は「納税のことは社員個人の件でありコメントはない。ただ、会社として社員への申告の指導は行っていた」とした。


社員680名のうち100名が申告漏れを指摘されて、「社員への申告の指導は行っていた」はないですよね・・・。
どんな指導を行っていたのか・・。



<脱税>3年間で2億円所得隠しの疑い 大阪の高級クラブ

大阪・北新地で高級会員制クラブを経営する妻(58)の3年間の所得約2億円を隠し、約7800万円を脱税したとして、大阪国税局が申告を代行していたクラブの西原正起・経理担当者(60)を所得税法違反容疑で大阪地検に告発していたことが分かった。テーブルチャージとサービス料だけで1人計4万円するが常連の企業オーナーらでにぎわい、脱税したとされる06~08年の売り上げは年間約5億円だったという。

 関係者によると、妻が78年に開業したラウンジが前身の「マダム小阪」。現在は座席約40席、ホステス約30人。重加算税は約1700万円となる見込みで、妻の修正申告書は既に提出されたという。

 告発容疑は、ホステスの出勤日数水増しで報酬を架空計上したり、伝票を破棄して現金売り上げを隠すなどして所得を圧縮して脱税したとされる。隠した所得は夫婦の居住用マンション計4室の購入資金などに充てていた。妻は「(開業以来)経理や申告は夫に任せていた」と話しているといい、国税局は、脱税は西原経理担当者の独断と認定して妻の告発は見送ったとみられる。

<福田組>5億円所得隠し マンション受注絡み

 東証1部上場の建設会社「福田組」(新潟市)が関東信越国税局の税務調査を受け、07年12月期までの4年間で約5億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。重加算税を含めた追徴税額は2億数千万円に上るという。

 同社の説明などによると、同社は東京都内のマンションの建設工事を文京区の不動産会社から受注した際、用地買収に伴う地元関係者への「地元対策費」を負担。これを経費として損金処理していたが、税務調査の結果、経費として認められず、不正に利益を圧縮した所得隠しと認定されたという。

 また、建設工事の下請けに関係会社を参入させ、水増しして支払った工事代金を経費として処理していたケースもあったという。

 毎日新聞の取材に対し、同社は「国税局と見解の相違はあったが修正申告した」と話している。

 同社の創業家は、民主党の小沢一郎幹事長の妻の実家で、妻は約136万株を保有する個人で3番目の大株主。小沢幹事長も約1万6320株を保有している。

ペットショップ経営会社が5600万円脱税

「全国にペットショップを展開する「Coo&RIKU」が5600万円を脱税したとして、東京国税局が同社と大久保浩之社長(31)を法人税法違反の疑いで告発していたことがわかった。

 関係者によると、同社は売上金を少なく申告するなどの手口で、2年間で約1億8000万円の所得を隠し、5600万円を脱税した疑いが持たれている。脱税した金は新規出店の費用に充てていたという。同社は「店舗展開を急ぐあまり、会計・税務などの管理面がおろそかになっていた。すでに修正申告をした」としている。」

ホームページ見ましたがすごい会社ですよ。1999年創業で売上高約20億円、社長は31歳!!若気のいたりというやつでしょうか。。




ニイウスコー元会長ら逮捕=架空売り上げで虚偽報告-横浜地検

 「東証1部上場だったシステム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区)=民事再生手続き中=の粉飾決算事件で、売上高や経常損益などを過大計上した虚偽の有価証券報告書を提出した疑いが強まったなどとして、横浜地検は11日、金融商品取引法(旧証券取引法)違反容疑で、同社の元会長末貞郁夫(62)=横浜市青葉区=と元副会長大村紘一(68)=神奈川県藤沢市=両容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑によると、両容疑者は共謀の上、2006年6月期の業績について循環取引を利用した架空売り上げなどを計上。売上高を約129億円、経常損益を約62億円上乗せした虚偽の有価証券報告書を同年9月、関東財務局に提出するなどした疑い。同社は当時経常赤字だったとされ、売上高の過大計上によって黒字を装っていたとみられる。
 地検と証券取引等監視委員会は、両容疑者が他の役員や社員に指示するなどして粉飾決算を主導したと判断。11日、両容疑者の自宅など数カ所を家宅捜索した。」

東証一部上場企業が粉飾決算ですよ。。近年は内部統制うんぬんがうるさく言われているのにどうなってるんでしょうかねー。監査法人はちゃんとやってたんでしょうかね。


 

王子動物園

おにいちゃんとおちびちゃんを連れて王子動物園に行ってきました!
けっこうあったかい日だったので楽しめました♪

20100130z.jpg

ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し-東京地検

 東京・銀座のビル売却などで得た約26億円の所得を隠し、約8億円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日、法人税法違反罪で不動産会社「湊開発」の実質経営者で指定暴力団稲川会系組長の張富夫容疑者(60)を起訴した。同社社長(53)は起訴猶予処分とした。
 起訴状によると、張容疑者は架空経費を計上するなどの手口で、2005年12月期の同社の法人所得約26億7600万円を隠し、法人税約8億200万円を脱税したとされる。 

マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス-国税当局

インターネット上の仮想空間での投資ビジネスを勧誘するマルチ商法(連鎖販売取引)の業者など3社が、東京国税局と関東信越国税局の税務調査を受け、昨年までの3年間で計約90億円の所得隠しを指摘されていたことが4日、分かった。
 指摘を受けたのは「ビズインターナショナル」(さいたま市)のほか、システム開発を請け負った「I.D.R」(東京都港区)と同社の下請け会社「フレパー・ネットワークス」(同)の2社。昨年11月、ビズ社が消費者庁から特定商取引法で6カ月の一部業務停止命令を受けた際、重要な役割を果たしていたとして、I社やフレパー社についても社名が公表されていた。
 関係者などによると、業務委託料として対価性のない経費のほか、架空経費なども計上し、I社が約75億円、フレパー社が約10億円、ビズ社は約2億円の所得隠しをそれぞれ指摘された。追徴税額は重加算税を含め計二十数億円とみられる。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。