スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運搬業者を脱税容疑で告発 8400万円、大阪国税

 「架空経費を計上し約8400万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反容疑で鉄製品運搬業「大成実業」(兵庫県西宮市)と望月正雄社長(78)=神戸市=と林秀子社員(77)=兵庫県加古川市=を神戸地検に告発していたことが、29日分かった。
 関係者によると、林社員が代表を務める休眠会社に鋼材運搬を外注したように装って架空経費を計上するなどし、2008年5月までの3年間で約2億8千万円の所得を隠した疑いが持たれている。
 また、辞めた従業員の名義を利用し、給与支払いが続いているように偽装、ボーナスも実際の額から水増しし、人件費を過大計上したとされる。
 追徴税額は重加算税を含め約1億1500万円で、同社は一部を除き納付済みという。
 北京五輪などによる中国特需を背景に鋼材需要が急増。同社は08年までの3年、毎年3億円前後を売り上げていた。」




<阪急阪神HD>3年間に10億円の申告漏れ

 「阪急阪神ホールディングスが2008年3月までの3年間に約10億円の申告漏れを大阪国税局に指摘されていたことが分かった。このうち約5億円は本来の計上額を少なく見積もった財産隠しと認定された模様だ。
 阪急阪神ホールディングスのグループ経営企画部は「税務調査を受けたのは間違いない。再発防止を徹底したい」としている。」




<所得隠し>川崎重工業が8億円 米国の鉄道納入など巡り

 「東証1部上場の総合重機大手「川崎重工業」(神戸市中央区)が大阪国税局の税務調査を受け、08年3月期までの5年間で約8億円の所得隠しを指摘されたことが分かった。本社と海外子会社の間で利益調整し、国内で課税対象となる本社の所得を圧縮する不正処理をしていたという。意図的に差額分の所得を海外へ流出させたとして、重加算税を課せられた模様だ。経理ミスを含め申告漏れ総額は約14億円に上り、追徴税額(更正処分)は4億円超とみられる。
 川重広報部は「見解の相違はあったが、指摘に従って納税した」と説明している。
 関係者によると、川重は米国の子会社を介し、米国の鉄道車両納入を請け負う会社と技術援助契約を締結。川重に所有権のある製造技術情報を提供し、対価の数百万ドルは子会社が受け取った。本来、川重は子会社から技術使用料として対価の大部分を受け取るべきなのに、契約上は技術が子会社所有であるように装い、全額を子会社の収益にしていたという。
 別の海外の販売子会社との取引では、製品の単価を特別に減額して販売する価格操作をし、子会社の負担軽減を図っていた。
 国税局は、こうした操作はいずれも海外子会社への財政支援が目的だったと判断。減額分などを、課税対象となる海外子会社への寄付金として計上すべきだと指摘した模様だ。
 川重は40以上の海外子会社を抱える。鉄道車両製造は国内トップクラスで、海外向けでは米ニューヨーク市地下鉄の受注実績がある」



二井知事:印税30万円、申告漏れ--08年分 /山口

 「二井関成知事は27日、08年分の確定申告について、30万円の印税収入の申告漏れがあったことを明らかにした。山口税務署から指摘を受けたといい、修正申告するとともに延滞金(税)を支払った。
 知事によると、08年6月に著書「住み良さ日本一の元気県づくり」(1500円)を山口市内の出版社から2000部発行。30万円を雑所得として申告する必要があったという。「出版社が分離課税として手続きを終えていると思った。初歩的なミス」と話しており、資産公開条例に基づいた資産報告書も同日訂正した。」

雑所得は20万円までなら確定申告の必要がありません。30万円ってしょぼいですね。。。知事って大変です。。。


アルデプロ粉飾決算 課徴金2億8155万円

「東証マザーズ上場の不動産業「アルデプロ」(東京都新宿区)が粉飾決算を行っていたとして、証券取引等監視委員会は24日、金融商品取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで、同社に対し課徴金約2億8155万円の納付命令を出すよう金融庁に勧告した。
 勧告によると、同社は事業目標の達成を優先するため、平成18年1月中間期から21年4月第3四半期まで、売上高を過大計上するなどした虚偽の有価証券報告書を提出した疑いが持たれている。
 最も悪質だった20年7月期には、連結純資産を約175億円も水増ししていた。」

調査委員会の報告書を読みましたが、相当すごいです!ここまでやるか!!というくらいの粉飾をしています。こんな企業が上場できるなんて東証マザーズってどうなんでしょうか・・・。





脱税:人材派遣会社が5300万円 大阪国税局、容疑で告発 /大阪

「消費税免税制度を悪用して約5300万円を脱税したとして、大阪国税局は人材派遣会社「ライラ」(大阪市北区)と武藤勝彦社長(64)を消費税法違反容疑などで大阪地検に告発した。重加算税は約1800万円となる見込みで、同社は修正申告に応じている。
 関係者によると、武藤社長は複数のダミー会社を設立。08年8月期までの3年間に、ライラの派遣社員の給料約11億1900万円をダミー会社への外注費と仮装して申告した。
 消費税は売り上げから仕入れの費用を差し引いた額にかかる。外注費は仕入れの対象にできるため、ライラは給料分の消費税を免れていた。ダミー会社は資本金1000万円未満で、設立後2年間は消費税が免税になる制度があり、納税義務がなかった。」

これってすごくグレーでたぶんこの会社はあからさまにやってたから脱税になってますが、たとえばこのダミー会社に実際にある程度の規模のなんらかの事業を行わせていたらダミー会社といえるかどうかものすごく微妙になってきます。ということはそもそも2年間納税義務を免除するという制度自体に問題があるといえると思います。



藤原紀香さんら担当のスタイリスト会社が脱税 大阪国税局告発

 「女優の藤原紀香さんらを担当していたスタイリスト会社が法人税約3500万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反罪で、大阪市北区の「スタジオセルズ」と今井聖子社長(43)=東京都世田谷区=を大阪地検に告発していたことが19日、分かった。重加算税を含む追徴税額は約4900万円とみられ、すでに修正申告したという。
 同社は藤原さんのほか、ロックグループ「TUBE」、女優の菊川怜さん、タレントの赤井英和さん、俳優の要潤さんらとスタイリストの契約を結んでいたという。
 関係者によると、今井社長は、タレントの衣装やアクセサリーを自社で購入し、テレビ局や芸能プロダクションにスタイリスト料を上乗せして販売する際、立て替え金を装って売上金から一部を除外。さらに、20種類以上の偽造印を用いて領収書を作成し架空経費を計上する手口で、平成20年9月期までの約3年間、法人所得約1億1900万円を隠したとされる。
 今井社長は「浮き沈みの激しい業界なので、将来のために資金を残したかった」と話しているという。
 同社は在阪テレビ局を中心に活動していたが、7年ごろから東京に進出していた。20年9月期の売上高は約1億5100万円。」

こういう悪質な脱税をしている会社って税理士を使っていないんでしょうか!?それとも税理士には何もいってないんでしょうか!?うーむ。




<脱税>豚肉輸入で21億円、米在住の男逮捕 名古屋地検

 豚肉を輸入する際に適用される「差額関税制度」を悪用し21億円余を脱税したとして、名古屋地検特捜部は19日、米国在住の元会社経営、赤荻和夫容疑者(63)を関税法違反(脱税)容疑で逮捕した。特捜部は、赤荻容疑者が同様の手口で総額40億円以上の関税を免れたとみて裏付けを急ぐ。
 容疑は、食肉輸入会社社長ら2人と共謀して05年1月~06年2月、安価なチリ産豚肉約1万1000トンを輸入する際、東京税関大井出張所などに実際より高く輸入したように虚偽申告し、差額関税約21億6000万円を免れたとしている。
 特捜部によると、赤荻容疑者は実際の価格より約22億円高い計約61億7000万円で輸入したように虚偽申告し、関税を約2億7000万円しか支払っていなかった。容疑を認めているという。
 差額関税制度は、海外から安価な豚肉が流入するのを抑えて国内の養豚業者を守る目的で71年に導入された。

.35億円分の馬券購入=幻冬舎元局長を逮捕-計9億か、横領容疑で警視庁

「ジャスダック上場の出版社「幻冬舎」(東京都渋谷区)の資金約1500万円を着服したとして、警視庁捜査2課と原宿署は18日、業務上横領容疑で、同社の元管理局長竹本和博容疑者(44)=目黒区中根=を逮捕した。同課は2001年8月以降、計約9億円を着服し、馬券購入に大半を使ったとみて捜査。総額では35億円近くをつぎ込んだとみられる。「間違いない」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月上旬から3月上旬の間、9回にわたり、同社名義の銀行口座から現金計約1500万円を引き出し、横領した疑い。
 同課によると、預金口座の出金を調べたところ、01年8月から今年3月の間、馬券購入に約34億7000万円を使い、日本中央競馬会(JRA)が約5億円分で、残りが地方競馬だった。
 横領金で馬券を購入し、当たった配当金も新たな購入に回したため、総額が膨らんだとみられる。」

いち局長44歳が35億円も横領できるなんてこの会社の組織形態はどうなっているんでしょうか??不思議です。性善説がまかりとおる平和な組織なんでしょうか・・!?まあ35億も使ったらあとはつかまって刑務所行きになっても賠償するお金もないし思い残すはないんでしょうね。。しかもそのうち数億円くらいはどこかに埋めてあってでてきてからも困らない生活を送るんでしょうね・・。あぁ無情・・


近畿の中小法人、所得隠し118億円増

「大阪国税局は4日、近畿2府4県で資本金1億円未満の中小法人を対象にした今年6月までの税務調査結果をまとめた。悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しは5524件と前年より377件減ったが、総額は前年比118億円増の743億円、1件あたりも287万円多い1346万円だった。
 また、申告漏れは調査対象の73.8%にあたる1万9331社で見つかり、総額は1427億円。1件あたりは738万円で、いずれも前年並みとなった。
 所得隠しの割合が多かった業種は、12年連続でパチンコ業がワースト1、廃棄物処理業が8年連続でワースト2だった。」

1件あたり1346万円ですよ。なんだかんだいって中小企業にもお金がありますねー



元共同経営者を逮捕=グッドウィルの企業買収仲介-脱税容疑、55億円所得隠し

「人材派遣大手グッドウィル・グループ(GWG、現ラディアホールディングス、東京都港区)による企業買収をめぐる脱税事件で、東京地検特捜部は12日、買収仲介で得た約55億円の所得を隠し、法人税約16億円を脱税したとして、法人税法違反容疑で、ファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」(港区)元共同経営者の鬼頭和孝容疑者(35)を逮捕した。
 特捜部は7月、元コリンシアン社社長の公認会計士中村(旧姓中沢)秀夫容疑者(52)の逮捕状を取ったが、海外に出国したまま戻らないため、共犯の疑いがある鬼頭容疑者への捜査を先行させた。」

35歳ですよ。びっくりですねー。ボスは海外逃亡だしどうなってるんでしょうねー。


茂木健一郎氏 多忙で申告せず…3年で3億円 国税局指摘

「脳科学者の茂木健一郎氏(47)が06~08年の3年分の確定申告をしておらず、東京国税局から約3億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。無申告加算税を含む追徴税額は約1億6000万円で、修正申告したという。重加算税はなかった。茂木氏は毎日新聞の取材にメールで「毎日朝から夜まで仕事に追われている状況がこの数年続いており、個人事務所もアシスタントも持たない私の能力では(確定申告を)処理しきれない状況でした」と回答した。
 茂木氏は「ソニーコンピュータサイエンス研究所」(東京都品川区)に所属する一方、講演、執筆活動やNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」のキャスター、東京工業大大学院連携(客員)教授を務めている。
 関係者によると、茂木氏は06~08年に得た印税や講演料など給与以外の雑所得を申告しなかったほか、確定申告を済ませていた04~05年分についても雑所得の一部に申告漏れが見つかったという。茂木氏は税理士に依頼せずに、自ら確定申告しようとしていた。
 茂木氏は現在、欧州に滞在中。メールで「税務署から連絡をいただいて確定申告を完了しようとしていたのですが、なかなか終わらせることができませんでした。雑所得の規模が、意図せぬうちに個人として処理できる範囲を超えてしまった」と説明している。」

そんなことがあるんですね・・。
今後は税理士に依頼するということなので是非依頼していただきたいです!


三協技研工業が5億円 国税の指摘受け修正申告

「愛知県豊橋市の業務請負会社「三協技研工業」が、従業員から集めた保険料の一部を簿外処理したとして、名古屋国税局から約5億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。追徴税額は重加算税を含め約1億5000万円で、同社は既に修正申告したという。
 関係者によると、同社は外国人従業員の給与から任意の保険料を天引きし徴収していた。この際、本来所得として計上する必要がある保険料を、08年8月期までの数年間にわたって簿外処理し申告していなかった。国税局は今年初めに税務調査を行い、悪質な所得隠しに当たると認定したとみられる。
 三協技研工業は「国税局と見解の相違はあったが、指摘に従い修正申告した」としている。」

かなり悪質ですね。要するに外国人従業員から搾取してたわけですよね。。ひどい話です・・。


首相、株売却申告漏れ 7200万円修正 ずさん管理露呈

 「鳩山由紀夫首相が平成20年、所有していた株の売買で約7200万円の売却益を得たにもかかわらず、税務署へ所得の申告をしていなかったことが2日、分かった。首相側はこの日、修正申告し納税したとしている。首相の事務所では「株式の電子化に伴い、証券会社のアドバイスで売却したが、確定申告時に手違いがあった」と説明している。
 また、確定申告に基づき報告義務のある所得等報告書についても、同様に未記載となっており、首相側は同日、20年分の所得等報告書(21年4月30日提出)を訂正。首相のずさんな資産管理が改めて露呈した格好だ。
 首相側が17年12月と今年10月23日に提出した資産等報告書などによると、首相がこの間に売却したのは、東急電鉄3万306株▽住友商事2万4209株▽清水建設2万7702株▽三菱地所1万9478株▽キリンビール1万5428株▽三菱電機1万3千株▽東洋紡1万1240株▽東京電力7805株▽コーナン商事1650株▽王子製紙372株-の10銘柄計15万1190株(10月30日終値で時価1億2413万円)。
 首相の事務所は株取引について、「21年1月5日の株券の電子化に伴い、特定口座に移すためみなし取得費を使い、株を市場で売り、含み益を確定する必要があった」と説明。「20年に証券会社のアドバイスで売却したが、確定申告時に手違いがあった」としている。」

納税の義務は国民の三大義務のひとつですから、政治家(特に首相)はしっかり手本をしめさないとダメですよね。きっと税務署の現場では「首相も払ってなかったやん」なんていいかえす輩(やから)が増えそうです。
それにTVでも誰かがいってましたが政治家は自分の発言や動きで株価の変動をひきおこすので株式の売買は控えるかしっかりクリアーに公表していくことが大事と思いますね。





<税理士法違反>朝鮮総連傘下の団体元幹部に有罪 東京地裁

「無資格で税理士業務をしたとして、税理士法違反に問われた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮東京都新宿商工会元副会長、徐英男(ソヨンナム)被告(54)に対し、東京地裁は29日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。弁護側は無罪主張したが、稗田雅洋裁判長は「自己の専門的知識や判断を加えて作業していた」と退けた。
 判決によると、徐被告は06~08年、税理士ではないのに会員の確定申告書40通を作成した。稗田裁判長は「必要な資料の提供を受けず安易に申告書を作成したため、申告漏れや脱税が生じて適正な課税が損なわれた」と指摘。一方で「被告が直接利得を得ていない」と執行猶予を付けた。
 弁護側は「コンピューターソフトを利用した機械的事務。違法という認識もなかった」と主張したが、判決は「違法かどうかは税務署に問い合わせれば容易に確認できた」と退けた。」


税理士業務を「コンピュータによる機械的事務」といいはなつこの弁護士はなんだ!(笑)
じゃあ裁判もコンピュータ化すれば弁護士は不要になるということなのか!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。