スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田兄弟、1億円申告漏れ=領収書ない経費計上-東京国税局が指摘

「プロボクシング亀田3兄弟の長男興毅(22)と次男大毅(20)の両選手が東京国税局の税務調査を受け、2007年までの3年間の個人所得について計約1億円の申告漏れを指摘されたことが29日、関係者の話で分かった。過少申告加算税なども含めた追徴税額(更正処分)は数千万円とみられる。両選手側は「既に修正申告し、納付も済ませた」としている。
 兄弟の父亀田史郎氏(44)が代表取締役を務めるマネジメント会社「亀田プロモーション」(東京都葛飾区)も税務調査を受け、2年間に約1000万円の申告漏れを指摘されたという。
 関係者によると、亀田兄弟が個人事業の所得申告で計上した経費には、領収書などがないものが多かったという。このため、国税局は裏付けの取れない分の経費計上を認めず、これらの総額が約1億円に上ったとみられる。」

裏付けのない経費が1億円ってものすごいですね・・。領収書がないような支払いで1億円も何に使ったのか・・。


 

<法人所得>20兆円減少、過去最大の下落幅 08年度

「08年度に税務申告した全国の法人約280万5000社の所得総額が、前年度から20兆8370億円(35.4%)減り、37兆9874億円だったことが国税庁のまとめで分かった。データが残る67年以降最大の下落幅で、企業業績の急速な悪化を裏付けている。
 これまで下落幅が最大だったのは、第1次石油ショックの影響を受けて18.2%減った75年度で、08年度はこのほぼ2倍にあたる。
 一方、所得総額が40兆円を下回ったのは、38兆8968億円だった03年度以来。申告税額も前年度から4兆8244億円(33.2%)減の9兆7077億円となり、03年度(9兆9503億円)の水準まで戻った。
 黒字申告した法人の割合は、バブル崩壊までは6~4割で推移していたが、初めて3割を下回り29.1%(約81万6000社)となった。会社が社員の給料などから天引きした源泉所得税の総額は、前年度から9116億円(6.1%)減の14兆811億円となり、給与も減少していることがうかがえる。」

8千万円脱税、奈良のかばん会社告発

「法人税約8200万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反の罪で、奈良県宇陀市のかばん材料輸入販売会社「大和工業」と、同社の西峠昭文・代表取締役(66)を奈良地検に告発していたことが28日、分かった。
 大和工業や関係者によると、西峠取締役はかばん材料などの売り上げの一部を除外するほか、架空仕入れを計上するなどして不正に所得を圧縮。平成20年7月までの3年間に法人所得約2億7200万円を隠し、脱税したとされる。」

どちらかというと不況業種と思われるカバン関連業種ですが、材料輸入で1年あたり9000万円も所得隠しできるなんてけっこう好調ですねー。それだけ儲けてるならしっかり税金も払ってください。。。




レアメタル収益、1億8千万隠す…国税告発

「輸入した希少金属「レアメタル」の販売益約1億8000万円を隠し所得税約6000万円を脱税したとして、埼玉県に住む貿易会社元社長が東京国税局から所得税法違反の疑いで東京地検に告発されたことがわかった。
 元社長は解散登記した会社を使って取引を行い、利益を個人口座にプールして税務申告していないことから、同局は、税務署の目を逃れるため解散会社を隠れみのにした悪質な行為と判断したとみられる。
 告発されたのは、製鉄材料の貿易商社「サニーフィールド」(東京都豊島区、1999年1月解散)の根本忠明元社長(66)。
 関係者によると、根本元社長は、鉄鋼製造などに使われるレアメタルをロシアから輸入して大阪市内の金属材料メーカーに販売。2007年までの3年間に得た個人事業者としての事業所得約1億8000万円を隠し、所得税約6000万円を脱税した疑いがあるという。
 根本元社長は、96年にサニーフィールドを設立してレアメタルを輸入販売する事業を展開。99年に株主総会決議に基づき同社を解散したとして法務局に届け出たが、その後もメーカーとの取引をサニー社名義で続けていた。根本元社長は、代金をサニー社名義の口座で受け取った後、ロシアのレアメタル販売会社2社に送金、利益をオーストラリアの銀行の日本支店に設けた本人名義の口座に振り込んでいたという。口座には、1億円以上の預金があったという。
 税務署は、法人登記簿などを参考に調査をしており、解散登記をした法人は基礎的な税務調査の対象から外れる。このため、法人の解散は調査の網から逃れるための仮装行為と認定されたとみられる。
 根本元社長は、読売新聞の取材に対し「個人と会社を一緒にして考えていた。会社は解散して実態はない」としており、東京国税局の指摘に従って修正申告して納税を済ませたという。」

ちゃんと納税してる人のためにもこういうところからしっかり取ってほしいですね。。。




<脱税容疑>1億7千万円所得隠し 2人逮捕 名古屋地検

「土地売買で得た約1億7000万円の所得を隠して脱税したとして、名古屋地検特捜部は21日、いずれも韓国籍で不動産会社「オフィス・ベルコ」(名古屋市千種区、08年に解散)の元実質経営者、千田石基(本名・千石基)容疑者(60)=京都市西京区=と住所不定、会社経営、白川光一(本名・白光鉉)容疑者(47)を法人税法違反(無申告)容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は、共謀して08年3月、オフィス社が愛知県刈谷市の土地を売却して得た所得約1億7000万円を申告せず、08年3月期の法人税約5000万円を脱税したとしている。特捜部によると、千田容疑者は容疑を認めているという。
 特捜部によると、千田容疑者は、白川容疑者の会社が土地を売買したように装い、売却益をこの会社名義の口座や貸金庫に入金する手口で申告を免れていた。」

土地は売ったらバレバレと思うんですが・・。バレないと思ったんでしょうか!?





過払いバブル紳士79億円申告漏れ 国税庁まとめ

 「消費者金融に払いすぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」の代理業務を行った弁護士や司法書士計約800人が国税当局の税務調査を受け、19年までの7年間で約79億円の申告漏れや所得隠しを指摘されていたことが21日、明らかになった。重加算税を含む追徴税額は約28億円に上る。一部の弁護士や司法書士が“過払いバブル”で儲(もう)けた報酬を申告していない実態が裏付けられた格好だ。
 国税各局は社会的関心の高い貸金業者への過払い金返還請求ビジネスを重点項目として調査を実施。申告状況などから抽出した804人の弁護士や認定司法書士について調べたところ、申告漏れなどが指摘されたのは697人に上り、うち81人は仮装や隠蔽(いんぺい)を伴う悪質なケースと認定され重加算税が課せられた。1人当たりの申告漏れは984万円、追徴税額は343万円だった。
 具体的なケースでは、男性弁護士が19年までの7年間に、過払い金返還請求とそれ以外の報酬を合わせて約1億1500万円を申告から除外し、計約5500万円を追徴課税された。
 過払い金返還請求をめぐっては、東京都港区の司法書士が昨年12月、約2億4千万円の所得を隠し、約9千万円を脱税したとして、東京国税局から所得税法違反罪で東京地検に告発されていたことが発覚。また。依頼者と弁護士などの間で報酬をめぐってトラブルになるケースも相次いでいる。
 過払い金返還請求 利息制限法の上限金利(年15~20%)を超える利率で貸し出した消費者金融業者らに対し、借り手が超過利率で支払った利息分の返還を求めること。出資法の上限金利(年29・2%)までの“グレーゾーン金利”について、18年1月に最高裁が無効とする判決を出したことで、返還請求が急増した。」

ちゃんと申告しなさい!






芸能事務所社長を逮捕=法人所得3億円隠す-東京地検

 「芸能事務所「ミューズコミュニケーション」(東京都世田谷区)が約3億1500万円の法人所得を隠し、約9200万円を脱税したとして、東京地検特捜部は20日、法人税法違反(脱税)容疑で同社社長中川雅雄容疑者(40)を逮捕、関係先を家宅捜索した。
 逮捕容疑では、中川容疑者は、所属タレントへの報酬が別会社に支払われたように装ったり、複数のダミー会社への架空外注費を計上したりする手口で、2007年3月期までの3年間に、約3億1500万円の所得を隠し、法人税約9200万円を免れた疑い。 」

マッコリ輸入で4千万脱税容疑、社長らを告発

 「韓国の伝統酒マッコリの販売益などを隠して法人税約4000万円を脱税したとして、酒類輸入卸販売会社「二東(イードン)ジャパン」(東京都足立区)と金孝燮(キムヒョソプ)社長(48)が東京国税局から法人税法違反の疑いで東京地検に告発されたことがわかった。
 関係者によると、二東ジャパンは韓国からマッコリを輸入し日本で販売していたが、2008年5月期までの2年間に約1億5000万円の法人所得を隠し、法人税約4000万円を脱税した疑いがあるという。
 取引先数社に対する架空の広告宣伝費を計上するなどの方法で経費を水増しして所得を圧縮。隠した資金は銀行に預けていた。
 民間信用調査会社などによると、二東ジャパンは1995年創業。韓国・二東酒造のオリジナルブランド「二東マッコリ」を輸入販売しており、08年5月期の売上高は約12億円。従業員は16人。
 マッコリは米などを原料とした甘みと酸味がある韓国の濁り酒で、どぶろくに似ている。複数の輸入業者によると、以前は韓国料理店向けの輸入が中心だったが、韓流ブームの波に乗って04年ごろから人気が高まり、スーパーなどの量販店でも扱われるようになって輸入が伸びた。輸入業者は数社で、二東ジャパンは最大手だという。
 二東ジャパンの金社長は読売新聞の取材にファクスで回答し、修正申告したことを明らかにした上で、「すべて私の怠慢によるものと深く反省している」とコメントした。 」

マッコリ好きなんでイードンのマッコリ冷蔵庫にはいってます!かなりショックです・・・。しっかりたのみます。。





グッドウィル買収仲介の会計士側 隠し所得など100億円投資 関係先捜索

 「旧グッドウィル・グループ(GWG、現ラディアホールディングス、東京都港区)による人材派遣会社の買収をめぐる脱税事件で、東京地検特捜部が法人税法違反容疑で逮捕状を取っているファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」元社長で公認会計士、中村秀夫容疑者(52)側が、隠し所得を含む100億円以上を上場企業など十数社への投資などに充てていたことが14日、ファンド関係者の話で分かった。大半は失敗して回収不能となっているという。特捜部は同日、投資先など中村容疑者の関係先を一斉捜索した。
 ファンド関係者によると、中村容疑者は、平成18年10月に行われた人材派遣会社「クリスタル」の買収を仲介した見返りに、約180億円と約131億円相当のクリスタル株を取得したが、適正な税務申告を行わず、数十億円を脱税した疑いが持たれている。
 中村容疑者側はこの約180億円の中から、パートナーズ社などを使い、十数社への出資や貸し付けを繰り返し、総額は100億円以上に達したという。
 主な投資先は、大証2部上場の住宅建築会社「千年の杜」(現東邦グローバルアソシエイツ、東京都港区)や、大証ヘラクレス上場の青果卸売会社「ビービーネット」(大阪市)など。千年の杜については、中村容疑者がファンドを通じて事実上買収。中村容疑者の知人を社長に就任させていた。特捜部は同日、資金の流れを解明するため、千年の杜やパートナーズ社など、中村容疑者の関係先を一斉捜索した。
 千年の杜は19年12月、2014(平成26)年に行われるソチ冬季五輪に絡むリゾート開発計画を発表し、久間章生元防衛相を会長とする「ソチ冬季五輪協力委員会」の事務局を社内に設置。同社の株は開発計画の発表後に一時高騰しており、特捜部はこの経緯についても、不正がなかったか調べを進めるとみられる。
 GWGのクリスタル買収をめぐっては、特捜部が今月2日、インサイダー取引をしたとして、証券取引法(現金融商品取引法)違反容疑で、GWG子会社の元会長(69)を逮捕している。」



知りすぎたプロたちに追徴課税、3億5000万

「福岡、佐賀、長崎3県の弁護士や認定司法書士約120人が、2007年までの3年間に、払い過ぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」の代理人報酬計約10億円について、福岡国税局から所得隠しや申告漏れを指摘されていたことがわかった。
 重加算税を含む追徴課税額は計約3億5000万円に上る。
 関係者によると、120人の大半は認定司法書士。同局は、報酬を故意に簿外処理したり、報酬の一部しか計上しない「つまみ申告」を行ったりした悪質なケースを脱税と認定し、重加算税を課した。
 過払い金は通常、出入金の透明性を保つために事務所の口座などに振り込むが、依頼者の個人口座などを振込先に指定することで、金の流れを隠す手口が目立ったという。 」

法を扱うのが仕事の弁護士が脱税ってあってはならないとこだと思うんですがね。資格はく奪が適当かと思います。





風俗店経営者が2億円 名古屋国税局が告発

「名古屋市中区や三重県四日市市などでホストクラブやキャバクラを経営する本間哲也経営者(32)=名古屋市千種区=が約2億円を税務申告せず、所得税約7000万円を脱税していたことが14日、関係者の話で分かった。名古屋国税局は所得税法違反(無申告)の疑いで名古屋地検に告発した。本間経営者は、国税局の強制調査(査察)を受けた後、税務申告したという。
 関係者によると、本間経営者はホストクラブやキャバクラ計7店を経営している。しかし、警察や保健所に店舗の営業を届け出る際、店の従業員が経営者であるように偽装。自分が経営者であることを隠し、07年分の所得約2億円を全く申告しなかった。追徴税額は重加算税を含めて約1億円に上る。
 本間経営者は、昨年強制調査を受けるまで無申告を続け、この他にも過去数年間で約3億円の無申告を指摘され、追徴課税に応じたという。」

この間もクラブ経営者が源泉所得税の無申告でやられてましたから今このあたりに力を入れてるんでしょうねー


消費税脱税で元会社幹部ら逮捕=額や手口、一切発表せず-福岡地検

「2007年3月期までの3年分の消費税などを脱税したとして、福岡地検特別刑事部は9日、消費税法と地方税法違反容疑で、人材派遣会社エントリーサービスプロモーション(福岡市中央区)元代表取締役新井康夫(62)、税理士力丸克博(55)両容疑者ら4人を逮捕した。地検は、脱税額や手口、認否を一切明らかにせず、「理由も言えない」としている。
 同社ホームページによると、同社は1975年設立で、地元の民放各局にタレントやリポーターらの派遣も行っている。グループの資本金総額は1億円、社員数は約100人で、登録スタッフは約1万8000人。 」

いっさい非公表ってなんなんでしょうねー。気になります。。


データ分析会社、競馬で大儲け→160億円所得隠し

「データ分析会社「UPRO(ユープロ)」(東京都渋谷区)が、競馬で得た配当金などを申告せず、東京国税局から2007年までの3年間で約160億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。
 同局は昨年、同社を法人税法違反(脱税)の疑いで強制調査したが、英国人社長が海外に出国したため、刑事告発を見送り、任意調査による課税処分に踏み切ったとみられる。
 重加算税を含めた追徴税額は60億円を超えるとみられるが、同社は異議を申し立てているという。関係者によると、同社は市場分析などの業務を行っているが、これとは別に、独自のコンピュータープログラムで競馬の結果を予想して馬券を購入し、多額の配当金を得たという。
 社長は強制調査でパスポートを押収されたが、紛失を理由に再発行を受け、出国していた。同局は、保全差し押さえの手続きを取って二十数億円を差し押さえたが、残りの資産は既に海外に移転しており、全額を徴収するのは困難な状況とみられる。」

脱税はまずかったけど、自分のところの競馬予測ソフトを使って自分で馬券をかって大儲けとはすばらしい!!!たいがい儲け話って「じゃああんたが自分で買えよ!」的なところがあるけどほんとに自分で買って儲けてるとこがすごい。。。


.J&J日本元代表を告発=ストックオプション6000万円脱税-東京国税局

「米医療品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)」日本法人の広瀬光雄元代表(72)が、米国の親会社から与えられたストックオプションで得た所得約1億6000万円を隠し、約6000万円を脱税したとして、東京国税局から所得税法違反の疑いで東京地検に告発されたことが7日、分かった。広瀬元代表は指摘を受け修正申告したという。
 ストックオプションは、あらかじめ決められた価格で自社株を購入できる権利。権利行使し時価より安く購入した段階で給与所得とされ、売却した際の差額分は譲渡所得として課税される。
 関係者によると、広瀬元代表は退職後の2005年と07年の2年で、ストックオプションの権利行使で得た利益を、海外口座に移すなどして全く申告しなかったという。
 東京国税局は意図的に納税を免れ悪質性が高いと判断し、告発に踏み切ったとみられる。」 


72歳になってそんなところでけちって何に使いたいんだ!?と言いたいです。。



シチズン代理店元社長、香港居住装い所得隠しの疑い

「大手時計メーカー「シチズンホールディングス」(西東京市)の香港代理店「TOP PACIFIC LIMITED」の石川雅人元社長(64)が香港居住を装って日本で税務申告せず、所得税約1億4000万円を脱税したとして、東京国税局から所得税法違反の疑いで東京地検に告発されていたことが分かった。
 関係者によると、石川元社長は東京都大田区に自宅を購入するなど日本に居住しているにもかかわらず、07年までの3年間の所得約11億円を申告しなかった疑いが持たれている。
 シチズンによると、同社は海外メーカーの下請けをしている中国の時計組み立て業者向けに時計用駆動装置(ムーブメント)を販売しているが、TOP社はこの取引で業者との価格交渉を担い、シチズン社から年間数億円の手数料を受け取っていた。」

最近この手の摘発が増えてますねー。どんどんやってほしいですね。



池袋のクラブ経営者を告発 ホステス100人以上 源泉所得税を不納付

「ホステスなどの源泉所得税や消費税など約2億数千万円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反(源泉徴収所得税の不納付)と消費税法違反(脱税)の罪で、都内で4店舗のナイトクラブなどを経営する「ティーアンドシープロデュース」(東京都豊島区)と鈴木武将社長(31)を東京地検に告発していたことが5日、分かった。
 関係者によると、ティー社は、池袋などの4店舗に勤めるホステス100人以上に支払った給与から源泉所得税を天引きし、そのうち、計約1億5千万円を税務署に納付しなかったとされる。また、ホステスの人件費を、消費税の控除対象となる外注費として計上するなどして消費税約1億円を脱税したという。
 源泉所得税は毎月税務署に納めることが義務づけられているが、従業員の入れ替わりが頻繁に行われる飲食業界では給与実態の把握が困難であることから、事業者が天引き分をすべて納付しないケースも少なくない。
 都内の税理士は「国税局の監視の目が届きにくいことを背景に、徴収した源泉所得税のうち、一部しか納めない『つまみ納付』が横行しており、今回のケースはその氷山の一角にすぎないだろう」と話す。
 源泉徴収所得税の不納付をめぐっては、昨年4月、東京・銀座の高級クラブを営んでいた実質的経営者が約2億3千万円を納めなかったとして東京国税局から告発されたケースがある。」




<懲戒免職>名古屋国税職員を 親族の確定申告、脱税助ける

「親族の確定申告書を不正に作って約1億円の所得を隠し、約5400万円の脱税を助けたなどとして、名古屋国税局は2日、同局総務部主査級の男性職員(55)を懲戒免職処分にした。親族が全額を修正申告し、職員が報酬を得ていないことから刑事告発は見送る。
 国税局によると、職員は02~08年、自営業者の親族の確定申告書を作成。経費水増しや架空計上する手口で所得額を少なく見せかけ、7年間で約1億円の所得を隠した。親族は申告書の作成を元職員に任せており、不正を知らなかったという。
 職員はこのほか、自分が確定申告する際、扶養控除の条件を満たさない親と子供計2人に控除を適用して、06、07年の2年間で約80万円の所得税を免れたほか、05~08年には子供が扶養親族でないのに、誤って扶養手当計約52万円を受給していた。税理士資格がないのに勤務時間中に職場のパソコンで確定申告書を作成することもあったという。
 職員は、所得税の未払い分全額を修正申告し、不正受給した手当も全額返還した。」



大阪国税局 計5千万円脱税で箕面の健康食品会社告発

「高額健康食品の売り上げを除外するなどして法人税計約5100万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反の罪で、いずれも大阪府箕面市の健康食品販売会社「メリーマート」「エムワールド」の2法人と、両社の取締役、神野悦子役員(79)=箕面市=を大阪地検に告発していたことが1日、分かった。
 関係者によると、神野役員は経理担当者に指示し、休眠会社から健康食品などを仕入れたと装ったり架空人件費を計上して経費を水増ししたりしたほか、売り上げの一部を除外するなどして不正に所得を圧縮。平成16年4月~19年9月に2社合わせて法人所得約1億7千万円を隠し、脱税したとされる。
 2社は、住宅地に移動店舗を設けて記念品の引換券の付いたチラシを頒布し、高麗ニンジンエキスなどを高額で販売。神野役員は「会社が好調なうちに資金を蓄えておきたかった」と話しているという。」




脱税:警備会社と元社長を容疑で告発 国税局が地検に /大阪

「消費税の免税制度を悪用し、08年3月期までの3年間で消費税約1億2100万円を脱税したとして、大阪国税局が警備保障業「エスピージャパン総合警備」(大阪市住吉区)と森俊彦・元社長(35)を消費税法違反容疑などで大阪地検に告発したことが分かった。
 関係者によると、森元社長は複数のダミー会社などを設立。エ社の警備員のほとんどをダミー会社所属のように装い、警備員に支払う給与はダミー会社への外注費と仮装して経理処理していた。
 消費税は、売り上げから仕入れの費用を差し引いた額にかかる。外注費は仕入れの対象にできるためエ社は給与分の消費税を免れる。ダミー会社の売り上げ(外注費)があるが、森元社長は資本金1000万円未満の会社は設立後2年間の消費税が免税になる制度を悪用し、一切納税していなかった。」






脱税:輸入卸売業者を告発 /大阪

「英領バージン諸島に設立したダミー会社との架空取引を経費に計上するなどの手法で法人税約3800万円を脱税したとして、大阪国税局は機械工具輸入卸売業「日機」(大阪市中央区)と伊深芳安社長(58)を法人税法違反容疑で大阪地検に告発した。
 関係者によると、伊深社長は台湾の子会社に架空の検品手数料を支払い、バージン諸島のダミー会社2社から架空の製品を購入したことを装うなどして、08年7月期までの3年間で約1億2900万円の所得を隠したとされる」





所得税法違反の元大阪府議に懲役8年求刑

「所得税約2億5千万円を脱税し海外逃亡するなどしたとして、所得税法違反などの罪に問われた元大阪府議の弁護士、小川真澄被告(65)の論告求刑公判が30日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。検察側は「周到かつ巧妙な悪質極まりない犯行」として懲役8年、罰金1億円を求刑した。判決は11月19日。
 論告で検察側は「税金を支払う意思はあったというが、弁解に過ぎず、納付の見込みは立っていない」と指摘。小川被告は意見陳述で「弁護士への信頼を損なったことを心から反省している。実刑判決を甘んじて受け、弁済のために頑張っていきたい」と謝罪した。
 起訴状によると、小川被告は平成18年、約7億円の報酬を得たにもかかわらず所得申告をせず、約2億5千万円を脱税。また、17年9月~20年4月、顧客4人から計約1億5千万円を横領。さらに大阪地検の強制捜査直前の20年11月、知人名義の偽造旅券でフィリピンに逃亡した。」

えええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!すごすぎる!ありえないですねー。しかも弁護士で大阪府議会議員。。。。世の中どうなっているんでしょうねー。。。。






「将来のため」脱税で金型製造業者告発

「所得税約3500万円を脱税したとして、大阪国税局が所得税法違反の罪で、大阪府富田林のプラスチック用金型製造業「エストモールド」を営む園田龍治経営者(44)=大阪府松原市=を大阪地検に告発していたことが29日、関係者の話で分かった。
 関係者によると、園田経営者は実際の所得に関係なく適当な金額を申告する、いわゆる「つまみ申告」という手口で、平成19年12月までの3年間で約1億2200万円の所得があったのに700万円しか申告せず、所得税を不当に免れたとされる。
 園田経営者は、年間に納める税額が1万円程度になるように所得を偽っていたといい、「将来のために資金を蓄えたかった」と話しているという。」

えええええええええ!!!真剣にびっくりしますね。
こんな会社があるとは!!っていうか税務署今までなにやっとんねん的な・・・





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。