スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相、株売却申告漏れ 7200万円修正 ずさん管理露呈

 「鳩山由紀夫首相が平成20年、所有していた株の売買で約7200万円の売却益を得たにもかかわらず、税務署へ所得の申告をしていなかったことが2日、分かった。首相側はこの日、修正申告し納税したとしている。首相の事務所では「株式の電子化に伴い、証券会社のアドバイスで売却したが、確定申告時に手違いがあった」と説明している。
 また、確定申告に基づき報告義務のある所得等報告書についても、同様に未記載となっており、首相側は同日、20年分の所得等報告書(21年4月30日提出)を訂正。首相のずさんな資産管理が改めて露呈した格好だ。
 首相側が17年12月と今年10月23日に提出した資産等報告書などによると、首相がこの間に売却したのは、東急電鉄3万306株▽住友商事2万4209株▽清水建設2万7702株▽三菱地所1万9478株▽キリンビール1万5428株▽三菱電機1万3千株▽東洋紡1万1240株▽東京電力7805株▽コーナン商事1650株▽王子製紙372株-の10銘柄計15万1190株(10月30日終値で時価1億2413万円)。
 首相の事務所は株取引について、「21年1月5日の株券の電子化に伴い、特定口座に移すためみなし取得費を使い、株を市場で売り、含み益を確定する必要があった」と説明。「20年に証券会社のアドバイスで売却したが、確定申告時に手違いがあった」としている。」

納税の義務は国民の三大義務のひとつですから、政治家(特に首相)はしっかり手本をしめさないとダメですよね。きっと税務署の現場では「首相も払ってなかったやん」なんていいかえす輩(やから)が増えそうです。
それにTVでも誰かがいってましたが政治家は自分の発言や動きで株価の変動をひきおこすので株式の売買は控えるかしっかりクリアーに公表していくことが大事と思いますね。





近畿税理士会 芦屋支部 定期総会

6月2日(火)15:00より近畿税理士会芦屋支部の定期総会が行われましたので参加してきました。
眠かったです(笑)
その後意見交換会が行われたのですが、インターネットで検索するとヒットしてくる他の先生方をお見かけしたりアドバイスをしていただいたりしまして、有意義な時間を過ごさせていただきました。


近畿税理士会 芦屋支部総会

6月2日(火)に近畿税理士会芦屋支部の定期総会があります。
私も出席してこようかと思っています。
この手のものってあまり好きではないのですが・・・




近畿税理士会芦屋支部の勉強会

15日は近畿税理士会芦屋支部の勉強会にいってきました。
内容は「増資、減資、組織再編の商業登記実務」で某司法書士法人の方からの講義でした。
はっきりいって難しいです!!!しかも最近のかなり規定がかわってきています!
しかしながら、事業承継の問題が増えている昨今、組織再編も身近な話題になりつつあるため、しっかり勉強しておかなければと思っています。
実際この司法書士法人では常に組織再編の案件を数件かかえているとおっしゃられていました。
今日はかなり充実した勉強会でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。